Chromebookをテレビに繋いだら「擬似Chromebox」になった件。これ意外とイイぞ!

昨年気まぐれで購入してしまったChromebook

なんだかんだでぼちぼち使っています。

ユーザーにはご理解いただけると思うのですが、使いはじめるとChromebookのこのシンプルさがたまらないんですよ。

そんな魅力に取りつかれてしまうと、もっと欲が出てきてしまうんですよね。

Jpeg

ついにChromeboxが気になりだした…これは危険だ!

まずはChromebookについてちょこっとだけおさらい。

ChromebookはGoogleが開発した「ChromeOS」を搭載したパソコンのことです。

できることはとってもシンプルで、インターネットブラウザ「Chrome」だけが使えるパソコンです。

インターネットブラウザ上でできることであれば、なんでもこなしちゃいます。

マイクロソフト「Officeオンライン」も使えますし、EvernoteやDropboxも使えるし、これさえあればほとんどのことができてしまいます。

逆に、専門ソフトがなければできないことには向いていません。

 

前々から気になっていたので、昨年11月にASUS Outletで安く販売されていたところをゲットしました。

ぼくが買ったのは下のモデルの兄弟機にあたる「C200MA」です。

購入して以降、いろいろ実験してみました。

これだけブログ更新できるのか?とか、画像処理は?映像処理は?その他のことはできるのか?とかとか。

いろいろやってみてそのメリット・デメリットは自分なりに理解してきました。

その上で思ったのが、もういっそのことChromebook1本にしちゃえばいいんじゃない?です

そうは言ってもChromebookはラップトップ型PCなので、バッテリーの制限はあるし、ディスプレイも小さいわけです。

それならばいっそのことテレビやモニターにつないで使うChromeboxがあればすべて解決するんじゃないか?と思ってしまったのですよ。

まさかこんな短期間でここまでたどり着いてしまうとは、これはとても危険だ…。

 

手元にあるChromebookを使って擬似Chromebox体験をしてみる!

あたりまえですが、Chromeboxだって購入するにはお金がかかります。

そんなにひょいひょいとあれこれ買うのもなんだしなぁ、なにかいい方法はないものか…と考えたところ、そういえば自分が持っているChromebook C200MAにHDMI端子があることに気が付きまして。

それならば、HDMIケーブルさえあればテレビとつなぐことができる!ということで、早速ケーブルを購入して実験開始!

HDMIケーブルは取り回しがしやすいように細めのものを選びました。

これをC200MAに差し込んで、テレビとつないだところ…おー映った!

Jpeg

ただいま絶賛整理・お片付け中のテレビ周りの混沌さが際立ってしまうくらい、画面がめちゃくちゃシンプルです。

デスクトップの壁紙だけが表示されていて、まったくなんにも起動していないような、そんな雰囲気すらあります。

これなら、Bluetoothキーボード・マウスをつなげれば「擬似Chromebox」になりますな。

もちろんこれでブログは書けますし、通常のブラウジングもできるし、YouTubeを見たりGoogleフォトを見たりもできます。

いやもうこれで十分なんじゃないか!?

 

Chromebookはいまの時代にちょうどいい!

そりゃあ、多くの人が機能が少ないよりは多い方を選ぶでしょう。

その上、「あれもこれもできない」「実はこれが苦手」とか聞いちゃったら、その製品を避けますよね。

でも、Chromebookについてはちょっと違いますね。

まったくできないんじゃなくて「今までどおりにできない」というだけで、実は普通に使えてますよ。

専門ソフトは使えませんが、それ以外のことはすべてやれます。

そう考えたら、Chromebookで事足りる人って多いのではないでしょうか?

 

ぼくは楽譜作成ソフトが使いたいのでMac・Windows機が必要なのですが、それ以外のことはすべてChromebookでいけます

バッテリーがほぼ公称値どおりによく持つので、モバイルするならChromebookの方がオススメですね。

願わくば、これにSIMスロットが付いてさえくれれば、格安SIMを入れてどこでも通信端末が出来上がるのですが…そういうの出してくれないかなぁ。

Jpeg