携帯主回線をFREETEL SIMに移行!ほとんど電話しない・通信しない人にはコスパ最強!

コスト削減はまだまだできますね。

スマホを使わなくなったら3GBプランでも余りまくる

ぼくは2014年秋にソフトバンクから格安SIM・IIJmio(みおふぉん)へMNPしました。

そして今まで月3GB+音声付きプラン1,600円を契約しています。

ものすごくたくさん使って月末に通信規制が入ったこともありましたが、それもたったの1回だけで、まったく不自由なく使ってきました。

その後、2015年秋にiPad mini 4を購入してからは、画面が広くて情報の一覧性が高いし、何をするのも処理が速いし見やすいしということで、ほとんどの情報処理をiPad mini 4に一本化してしまいました。

そのため、スマホを使うことがほとんどなくなってしまったので、3GBプランでも通信量が余りまくっています。

今やスマホはLINEとたまにかかってくる電話の対応くらいなものです。

2月20日の時点でデータ通信量の残数を確認してみたところ、やっぱりめちゃくちゃ余っていました。

IMG_0520a

IIJmio(みおふぉん)は前月の通信量残を翌月に引き継げるのですが、上の赤枠のとおり今月で消滅してしまう通信量がまだ2.1GB以上残っています

しかも、下の赤枠のとおり平日1日あたり50MBほどしか通信しておらず、家に居ればWi-Fiで通信させているので一切減りません

これはもったいない!というわけで、もっと安く維持できるプランを探してみたところ、見つけちゃったんですよ。

FREETEL SIMの音声付きプランを!

 

FREETEL SIMの維持費が激安!

ぼくが個人的にずっと応援しているFREETEL

昨年夏から本格的に格安SIM事業に参入しており、通信速度が速いと評判になっています。

FREETEL SIMのいいところは使っただけ支払う「 使った分だけ安心プラン 」という従量課金方プランになっている点で、例えばデータ通信プランなら使わなければ299円、他社でよくみかける一番安価な3GB使っただけならようやく900円となっており、そこで初めて肩を並べます。

screenshot-www.freetel.jp 2015-10-01 00-05-03a

音声つきにしても、データ通信をほとんど使わなければ999円ですし、ちょっと使っただけなら1,199円で維持できます。

ぼくのように電話番号維持のために音声通話付きプランを契約している人にとっては、まさにちょうどいいプランです。

もちろんMNPもできるので、所定の手続きさえすればあとはこちらで切り替え作業を行えます。

 

というわけで、ただいま早速手配を取っているところです。

MNPする場合は公式サイトからパッケージを購入して、その際にMNP予約番号を伝える必要があります。

特にMNPの必要がない方やデータ通信の契約のみだったらAmazonでパッケージを購入できます。

iPhone・iPadのApp Storeダウンロードに通信量がかからない専用SIMなんかもありますね。

こちらも結構良さそう。

所定の手続きがが完了すればコストダウン成功です!

今回のミッション達成!となります。

願わくば電話番号が要らない時代になってほしいのですが、まだまだ必要とされてしまうので、仕方なく維持し続けます。

そんな用途にFREETEL SIMはピッタリですし、これが本気でデータ通信を使うことになってもFREETEL SIMは速度が速いのでオススメです。

気になった方はぜひチェックしてみてください!