Apple TV・Chromecastを使って、好きなモノだけ映すテレビを作ろう!

テレビをほとんど見ないぼくですが、唯一映画を見るためには使っています。

とはいっても、DVDやBlu-rayなどのメディア再生機が一切ない我が家では、インターネット配信に頼るか、それこそテレビで映画の上映をやっている時間に合わせてみるか、BS・CS系の番組を契約するしか方法がありません。

ただ、そのためだけに専用機を増やすことはしたくないですし、契約を増やすのも好きではありません。

そこで、すでにあるテレビを活用できるように、ちょっとした工夫をしています。

(出典:Apple – Apple TV

Apple TVがかなり優秀

名前の通り、アップル社の製品です。

iPhoneやMacBook Airなど、多くの人が好んで使っている製品をたくさんリリースしている同社ですが、このApple TVは隠れた名機と言っていいでしょう。

これを使ってできることは、

  • iTunes Storeにある映画(有料)を見る
  • iTunesに入っている音楽を再生する
  • Huluを見る
  • YouTubeを見る

その他、NBAやBloombergなど、個別に見られるプログラムはいくつかあります。

最近ではJリーグオンデマンドのプログラムが追加されて、さらに充実しました。

また、AirPlayに対応しているので、例えばiPhoneで撮った写真をテレビに映したり、Mac内のビデオデータを流すなど、多くのことができます。

Apple TVを活用できれば、これはかなりオススメできるメディア再生機になります。

 

ぼくはテレビを買ったのと同時に、Apple TVも買いました。

目的は、Macを立ちあげなくても動画を再生できるようにすることです。

主にHuluを見ることと、YouTubeを大画面で見ることに使っています。

本当は音楽再生をすることにも使えるのですが、使用頻度はものすごく少ないです。

時々AirPlayを使って、Mac内のビデオデータを再生したり、Web画面を写しだしたりするなど、用途に合わせてMacの画面を拡張したかのように使っています。

 

使ってみると本当に便利で、インターネットにつながってさえいれば動画や音楽がかんたんに再生できるので、自分の好きなものをテレビに大きく映しだして、あれこれ見るのはとても捗ります。

MacやiPhoneなどを介さなくても単独で機能しているので、Apple TVで再生しながら、手元のiPhoneでTwitterを見たりメールを送ったりするなど、それぞれの機器に余計な負荷を掛けずに使用できます。

 

小さいお子さんがいるご家庭なら、運動会や家族旅行などのビデオをテープやメモリカード等のメディアに残すのではなく、Macに取り込んで、iCloud等のサーバーに保存して、そこからストリーミング再生するようにすれば、家の中にメディアがあふれることはありません。

この使い方、オススメです。

Chromecastもいい感じ

発売時にかなり話題になっていましたが、Googleがおもしろい商品を提案してきました。

それがChromecastです。

こちらは単独でなにかできるような機能はありません。

スマホ・タブレット・PCからワイヤレスで映画やアプリなどの画面を映し出す、小型ストリーミング端末です。

手元のデバイス・アプリがリモコンになって、直接映像を受信するアンテナのような機能をしてくれます。

対応しているアプリが増えてきて、ぼくが愛用しているHuluはもちろん、YouTubeやGyaO!、dビデオなど、進化し続けています。

Chromeブラウザも対応していますので、Web画面をテレビに映し出すこともかんたんです。

 

一番の利点は、USBメモリ並に小型なところです。

テレビに挿してしまえば、それ以上場所を取りません。

あとはUSB経由の電源が確保できれば動きますので、シンプルな構成にできます。

どっちを選んでもテレビを「好きなもの再生機」に変化させられる

若干違いはありますが、どちらもテレビを「好きなもの再生機」に変化させる点については同じです。

あとはどう使いたいのかと、予算の問題だけです。

 

ざっくりですが、こんな感じで選んで見てはいかがでしょうか。

・動画の他にスピーカーをつなげて音楽も楽しみたいならApple TV

・対応アプリのストリーミング再生で充分ならChromecast

 

また、それぞれの公式ページで価格が公表されていますが、2015年4月の時点では定価は以下のようになっています。

  • Apple TV…8,200円
  • Chromecast…4,200円

ChromecastはApple TVのほぼ半額ですね。

それでもできることはほぼ一緒ですから、コストパフォーマンスは高いです。

 

どちらを選んでも、テレビの使い方が大きく変化します。

放送局から発信される番組を見るだけだったテレビが、自分の好きなものを好きなときに見られる自分専用ストリーミング再生機に早変わり。

CMなどの余計な情報が入ってこないので、実に快適です。

特に自分で撮った写真やビデオはなにものにも代えられない最強のコンテンツですので、それを大画面に映し出せるなんて、これに勝るものはなにもないですよね。

 

興味のある方はぜひどちらか購入してみて、試してみてください。

テレビの使い方が大きく変わりますよ。