理由なんてあとから考えればいいじゃない。

四の五の言わずに動いちゃえばいいんですよ。

f08359a780d18fed1c57346dea0c28d3_sa

動くのに理由はいらない。

どんなことにも理由を求める人がたくさんいるので、これが結構面倒です。

動く理由、やる理由、そうしなければならない理由などなど、どれも言葉を並べれば立派に聞こえますが、そんなに理由がいるものなんでしょうか?

動きたかったら、必要なのは理由じゃなくて、すぐに動くだけの「ちょっとの勇気」と「ちょっとの好奇心」だけだと思っているのですが、それ以外になにか必要でしょうか?

といいますか、そんなに難しいことなのでしょうか?

 

何かと理由がないと動かない人が多いと感じますが、それは思考停止してますよ。

自分が動かなければ始まらないのに、誰かが「動け」と命令してくれるのを待っているのだとしたら、そんな機会は一生来ません。

まったくないとは言いませんが、他人があなたにどうにかなってほしいと思っていることは、多くの場合少ないでしょう。

そんなではいつまでたっても変われませんし、動けません。

 

でも、解決方法はかんたんなんですよね。

だって、動けばいいだけなんですから。

理由なんて考えなくていいんですよ。

まずは動けばいいんですから。

そうやって動いた先に、理由があるんですよね。

 

理由はあとから考えればいい。

動くための理由なんて、先に考える必要はないんですよ。

動きたければ、動けばいいのですから。

そうやって動いていった先で、必要なら理由を考えればいいんですよ。

先に理由を考えようとするから動けなくなって、そこから脱出できなくなるんです。

この無限ループにハマっている人が結構多いんじゃないでしょうか。

 

ぼくなんかだと、書くのが好きだったからこのブログを始めましたが、ここまで続けようと思った理由って特にないんですよね。

「書くのが好き」「ブログが好き」以上の理由がないっていうのもありますが、だからといって途中でやめるつもりもないですし、もっともっとブログを大きくしていきたいのでこのまま突っ走る所存です。

もっと書きたいし、もっと書き続けたいんです。

その過程で、ぼくはブロガーになりたいと思って宣言もしました

 

そんな自分を振り返ってみて思いますが、やっぱり理由をあれこれとひねり出して語る必要なんてないですよ。

理由を考えてから動くなんて、意味がないですね。

本当にやりたければ、誰かに話すよりも先に動いてるでしょう。

そうやって動いた人だけが先に進んでいって、気が付いたときにははるか先にいたりするんですよね。

なんにもしていないのに1人でもんもんと悩んでいる場合じゃないですよ。

 

というわけで、動こうと思ったら、動くための理由を考えるのではなくどんどん動こう!という話でした。

さあ、今日もどんどん前に進んでいきますよ!