電力自由化!東急沿線に住む人は「東急でんき」に切り替えるとおトク!

2016年4月からいよいよ始まる「電力自由化」。

すでに開始に合わせて切り替えを行っている人もたくさんいます。

え?まだ検討もしていないの?

それはもったいない!

これ、ちゃんと見直すとコストダウンになりますよ!

6db4b8860e01a7f4e6575e4f0073aa88_sa

そもそも電力自由化ってなに?

今まで、電気は地域ごとに決まった供給会社から買っていました。

例えば、東京なら東京電力ですし、大阪なら関西電力という具合に、エリアごとに1社しかないため独占状態になっています。

それが、2014年6月に「改正電気事業法」が成立したことによって、決まった供給会社から電気を買うのではなく、各家庭で供給会社を自由に選び、そこから買うことが出来るようになります。

つまり、ここに市場競争が生まれるようになり、各家庭に対して様々なサービスや付加価値が提供されるようになります。

 

ざっくりいうとこんな感じですが、要するに今まで各エリア1社独占だった電気事業に対して、様々な民間企業が参入できるようになって競争が生まれることで、毎月電気代を支払っている家庭にとっては多くのメリットが生まれるようになります。

だからといって、どこかに替えなければならないわけではありません。

このまま放っておいてもおそらく競争の影響で何かしらのメリットが生まれてくるでしょうが、ちゃんと検討して供給会社を選ぶと、毎月単位では小さいかもしれませんが積もれば大きくなるようなをメリットを手にすることができます。

これを使わない手はないですね。

 

東急沿線にお住まいの方は「東急パワーサプライ」一択!

ぼくが東京電力から乗り換えようとしているのが「東急パワーサプライ」がサービスを始める「東急でんき」です。

screenshot-www.tokyu-ps.jp 2016-02-11 15-41-06

名前から想像がつきますが、東横線や田園都市線でおなじみの東急電鉄のグループ会社が手掛ける電気事業会社です。

だから「東急沿線にお住まいの方は」と書きましたが、どうやらエリアがどんどん広がっているようですので、もっと広い範囲でメリットを得られそうです。

で、なにがいいのかというと、基本料金の安さと、特に東急沿線ユーザーに対してのサービス度合いが非常に高いところです。

 

まずは基本料金

2016年1月現在の東京電力・従量電灯B・30Aを契約している一人暮らしのぼくの場合、基本料金は月842.40円になっています。

それを東急パワーサプライ・東急でんきに切り替えた場合がこちら。

月788.40円になって、月々54円のコストダウンすることができます。

年間にして648円のコストダウンですね。

screenshot-www.tokyu-ps.jp 2016-02-11 15-53-42

ちなみに、これだけだと東京電力の口座振替割引サービスとまったくの同額なのでお得とはいえませんが、電気料金だけが口座振替になっていたりするとそれはそれで面倒だったりしますので、クレジットカード払いにまとめられてなおかつ安くなる東急パワーサプライの方が利便性がいいです。

 

特典・ポイント制度が充実!

特典・ポイント制度が充実していて、かなりおトク感があります。

電気料金が月13,000円で、従量電灯B・40Aを契約している方だと、こんな感じになります。

screenshot-www.tokyu-ps.jp 2016-02-11 16-39-51

ごらんのとおりではありますが、まとめるとこんな感じです。

  • 電気料金をTOKYU CARDで支払うと、電気料金の最大1%が貯まる
  • インターネットサービス・iTSCOMの料金から350円引き
  • 電車で貯まるTOKYU POINTが2倍になる

ものすごくおトクです。

まだまだサービス拡充していくとのことなので、この先どのようになっていくかが楽しみですね。

 

ランニングコスト比較

じゃあ、毎月のランニングコストはどうでしょうか。

電力比較サイト・エネチェンジを使って、ぼくのような一人暮らしをしている人が月120kWh使ったと仮定すると、以下の結果になりました。

  • 東急でんき(従量電灯B・30A):2329.2円+基本788.40円=3117.6円
  • 東京電力(スタンダードS):2808.0円+基本842.40円=3650.4円(口座振替3596.4円)
  • 東京ガス(ずっとも電気1・東京ガストリプル割):2788.8円+基本842.40円=3631.2円
  • ソフトバンクでんき:2788.8円+基本842.40円=3631.2円
  • H.I.Sでんき(従量電灯B):2215.2円+基本800.28円=3015.48円

おや?H.I.Sでんきが意外と安いですね…月の電力使用量が120kWh程度だと逆転しますね。

ただ、使用量が大きくなればなるほどよりおトクになっていくポイントや付帯サービスを考えると、生活に沿ったサービスを展開している東急でんきに軍配があがりそうです。

 

東急沿線・サービスエリア内にお住まいの方は要検討!

電気代については以前から自由化の要望が出されていたと記憶していますが、ようやくこの4月からスタートします。

まだ開始前ではありますが、各社おトクなプランやサービスを打ち出してきていますので、よく検討して変更すると良さそうです。

一人暮らしでは上記の比較の程度にしかなりませんが、これが4人家族になったり、もっとたくさん電気を使うご家庭だったりすると、さらにおトクになっていきますので、この機会にぜひ検討することをオススメします。

 

というわけで、ぼくは東急でんきに乗り換えて、付帯サービスと一緒に使うことでおトクになってきますよ♪