固定費を減らして、自己投資額を増やす

一人暮らしの方だけでなく、どんなご家庭にも当てはまることですが、毎月支払う固定費を下げられたら、生活がもっとラクになりますよね。

ただ、意外と減らせないものだったりするのが固定費です。

ここをうまく攻略出来たら、自分のために使えるお金が増やせます。

011329bca08071222482e4ee28d0a7f4_m

なににお金を支払っているのか

毎月支払うものって、意外とあるんですよね。

中には隔月支払いのものもありますが、それだってしっかり毎月経費は掛かっています。

パッと思いつくものだけを書き出してみます。

  • 家賃
  • ガス代
  • 電気代
  • 水道代
  • 携帯電話代
  • インターネット代

あとは、趣味があれば月謝だったり、小学生の子供がいれば給食費だったり、人によって固定費の枠が増えます。

これを小さくできたら、自分の手元に残るお金が増やせますし、そうなれば貯金額を増やしたり、自己投資にまわせます。

そのためには、自分が優先することがなにかをしっかり理解して、そこに必要でないものに支払うお金を減らす必要があります。

減らせるものは減らす

お金を掛ければより快適な生活が出来るかもしれませんが、バイトだったり会社勤めだったりしていれば、自分の収入は決まっているものです。

収入が決まっている以上、毎月の支出も自然と決まってきますので、この支出を減らせれば自己資金をより多く確保できるわけです。

そのために、減らせるものは思い切って減らしてしまいましょう。

もっというと、最初から固定費を抑えておけば、あとで徐々に効果が出てきます。

 

固定費の中でも負担が大きいのが家賃。

都内なら、一人暮らしでも毎月60,000〜80,000円くらいは支払っていることと思われます。

これをもっと小さくできたら、例えば60,000円以下に抑えられたら、かなりの節約になりますよね。

かくいうぼくも家賃は毎月70,000円支払っています。

引っ越しをして家賃を60,000円にできたら、その時点で毎月10,000円が捻出できるわけです。

10,000円は大きい!ので、これは真剣に考えて良いレベルです。

というわけで、現住まいの次回更新はせずに引っ越しを考えています。

一人暮らし最大の固定費=家賃を考える

 

ガス・水道・電気代あたりは、使わなければその分費用を抑えられますが、生活インフラですのでそういうわけには行きませんよね。

なるべく抑えるためには、それなりの工夫が必要です。

この中でも電気代については、契約するアンペアを見直すとガクッと料金を下げられます。

エアコンは電気使用量が多い機器ですが、暖房に関しては電気毛布を導入するとか、電気ストーブを導入するとか、対策ができます。

ぼくも電気毛布を使っていますが、かなりオススメです。

電気毛布を使うとダメ人間になれる

 

反対の冷房は、窓を開けて風通しを良くする、扇風機を使う、くらいが手でしょうか。

冷房時間を決めて使う、日中はカフェや学校・会社で過ごしてしのぐ、などなど、ちょっと小さい方法になってしまいますが、それでも節約にはなります。

 

一番かんたんで大幅に節約できるのが携帯電話代です。

今やかんたんに節約できるようになりました。

やり方もかんたん、大手キャリアでの契約を止めて、格安SIMに移行しちゃいましょう。

ドコモのスマホなら、格安SIMを挿して引き続き使えます。

ぼくも移行して、大幅に節約できました。

あまりの節約&快適さに記事にしたくらいです。

大手キャリアを止めて格安SIMを使うのがオススメ!

 

あと、最近はスマホでテザリングなんかができますので、固定のインターネット回線を引かずともパソコンを使えます。

特別な理由がなければ、固定回線を引かずモバイル回線にまとめてしまいましょう。

一人暮らしのインターネット環境はモバイル回線にまとめるのがオススメ

目的を持って自己投資額を増やす

支出削減を進めるのは大事なことですが、そればかりでは息苦しくなってしまいます。

だから、目的を持ってやる方が良いです。

 

例えば、毎月1回は豪華な食事をするとか。

半年ガマンするけれど、その分思いっきり旅行するとか。

または毎月の読書台に充てるとか、習い事を始めるとか。

使い道は様々です。

 

考えるのは面倒かもしれませんが、最初にしっかり計算できてしまえば、翌月から大幅削減できます。

まずは見直してみて、ぜひご自身への投資額を増やしてください。

自己投資して得た知識・スキルは、できることが増えたり、新たな収入につながったり、全部ご自身に返ってきます。

その方がお得ですよね。

 

ぼくの一人暮らしの知恵をまとめています。

ぜひお読みください!

この春一人暮らしを始める大学生・社会人のみなさんに送る、ぼくの一人暮らしの知恵・まとめ。

 

011329bca08071222482e4ee28d0a7f4_m