Amazonプライムフォトがスタートしたけれど、ぼくはGoogleフォトから離れないよ。

またもや来ましたね。

いったいどれほど手を打ってくるんだAmazon!

写真整理に使える「Amazonプライムフォト」

昨年後半から急激にサービスを充実させてきたAmazon。

今度は写真サービスを開始しました。

それが「Amazonプライムフォト」です。

screenshot-www.amazon.co.jp 2016-01-22 07-15-08a

このサービス、プライム会員なら写真の保存サイズ・容量が無制限である点がスゴいんです。

写真は、撮ったそのままを残しておきたいと誰もが思っているはずです。

それが、サービス側の都合で容量を圧縮されてしまうとか、サイズが限定されてしまうとか、本当はイヤだなぁと思っている方も多いのではないでしょうか。

 

「Amazonプライムフォト」はそういう不満を解消しています。

1枚あたりの容量やサイズについて、制限がありません。

元のサイズのまま保存することができます。

JPGファイルだけでなくRAWファイルも保存できるので、写真愛好家の方にとっては貴重なサービスになるのではないでしょうか。

 

ちなみに、動画も保存できますが、こちらは1ファイル5GBまでという制限がついていますので、カメラ・スマホで撮った動画をPC・アプリからアップすることができます。

写真には制限がないことを考えると、サービスとしてはより写真に特化していると言ってもいいでしょうか。

それでもぼくはGoogleフォトを使います。

ぼくは昨年のリリース時から「Googleフォト」を使っています

screenshot-www.google.com 2016-01-22 07-25-27a

こちらは1枚あたり1,600万画素までという制限がありますが、動画に対するサイズ容量制限はありません。

またRAWファイルは扱えません。

そう考えると、Amazonの方が自由度が高そうに見えます。

 

でも、ぼくは今後もGoogleフォトを使い続けます。

すべての写真をGoogleフォトに集めているからという理由でもありますが、Google・Amazonともにほぼ遜色ないので、どちらかを使っていればいいだろうというのがぼくの率直な感想です。

あと、Androidスマホを使っているので、Googleサービスとの親和性が高いというのも理由のひとつですね。

もちろん、Amazonがずば抜けてスゴい機能や優れたサービスに進化したら、そのときは考えるかもしれませんけどね。

今から引っ越す手間を考えたら、このままGoogleフォトの方がいいなぁ。

 

というわけで、ぼくの中ではコンテンツ販売・ストリーミングはAmazon、コンテンツ検索・集約はGoogleというすみ分けができつつあります。

このまま運用してみて、より良いサービスが出てきたりしたら、またそのときに考えます。

Amazonプライム会員になっておくとお得!

「Amazonプライムフォト」はAmazonプライム会員が対象のサービスです。

年会費3,900円がかかりますが、月額にしたらたった325円で様々なサービスを使うことができます

これだけ使えて月325円はかなりお得です。

 

Amazonはもはや生活インフラの一部と言っても過言ではないです。

正直、入会していないと損です。

現在、会員には3種類あって、個人だけでなく家族や学生さん向けにも特典のあるサービスを展開していますので、ぜひご自身にあった会員になっておくことをオススメします。

−−

Amazonプライム会員 …通常はこちら。ぼくも入ってます!

Amazon Student …学生限定、年会費1,900円で使えます。うらやましい…。

Amazonファミリー …おむつ・おしりふきが15%オフになります。お子様がいるご家族には嬉しいですね。