プロに対して「友人のよしみで安くしてよ」と言うやつは友人ではない。

友人と話していて、こんな話が出てきました。

そうそう、これ結構あるんですよね。

プロの仕事がタダになるわけがない

これ、実際に最近体験したことでもあるんです。

ぼくの友人でその道のプロの方に相談したいことがあってお声掛けしたのですが、当然ながら有料になるものだと思っていたので「有料になるところはちゃんとお支払いします」と先にお伝えしてありました。

ごくあたりまえのことだと思っていたのですが、あとで話をしていたときに「友人のよしみで安くやってよというやつは友だちでも何でもない」という話が出てきました。

 

これ本当にそうで、本気か冗談かは知りませんが、使い方を間違えると友人を失います。

プロとして活動している方に向かって「友人のよしみで安くやってよ」「タダにして」なんてお願いしてしまったら、それはプロの仕事をバカにしているのと同じです。

本当にありえない。

 

どんな仕事でも、値段は必ずついていますよね。

会社だって同じです。

お客さんに商品供給するときに見積もりを提示しますが、よっぽどでもない限り商品を0円で提供する人っていないですよね。

そうしなければ儲けが出ないし、儲けが出なければサービス品質に関わってくるし、サービスが低下してしまったら結局はお客さんに不利益がまわってくるんですよ。

自分たちだけよければいいっていう考えでいたら、この先も良くはならないでしょう。

 

「仕事の値段」を「友人」というあいまいな定義のもとに「安くしてくれ」と値段交渉から入るのって、受ける側からしたらそれはもう仕事ではないんですよ。

そういう話でやるのなら、適当に処理するか、そもそもやらないかのどちらかですね。

または、そういうやり方でやってくれる人にお願いするべきです。

良い仕事・品質・サービスにはしっかり投資すべし

「安くして」「タダでいいでしょ」と言ってくる人って、サラリーマンに多いかな…と感じています。

会社から給料が振り込まれるため、自分で収入を作ることをしていない分、「仕事の値段」に鈍感になっているのでしょう。

これは高給取りだろうがワーキングプアだろうが同じです。

お金を大事にするのとはわけが違います。

むしろ、その「お金を大事にする」感覚が邪魔ですね。

ちゃんとした仕事・サービスを選んで、しっかりお金を払えないようでは、ずっとプアなままですよ。

 

サービスを提供する側からしてみたら、そもそも最初から値段を決めにくる相手は、良いお客とはいえません。

相手が誰であろうと、そういう話から始まるようでは、この先一緒に仕事するのは避けたいですね。

 

プロが決めた価格はその通りちゃんとお支払いすべきものです。

どういう理由かわかりませんが、それを値引きしろだの、安くしろだの、挙句の果てにタダでやってくれだの、そういうことを言ってくるようであれば、その仕事はお断りしてしまったっていいんですよ。

だって、仕事は選んでいいのですから。

だから、お願いする側もそれなりの覚悟を持ってお願いするべきです。

「お金を払うんだからやれ」という態度では、だれもやってはくれないですよ。

 

というわけで、あるクマっぽい人が考えるプロフェッショナルの定義でした!