格安SIMに乗り換えて1年。維持費がたったの20,440円まで激減できて大満足♪

ほんとうに嬉しいので何度でも書いちゃいます。

slooProImg_20150425143646.jpg

格安SIMは本当に格安!

格安SIM自体はだいぶ前から知っていたんです。

その当時から試しに使ってみたこともあって、どういうものかはよく理解していました。

ちょうど1年前にiPhone 6が発売されたとき、Apple自身がSIMフリー版iPhoneを出したことで格安SIMフィーバーが起こって、そこからいろんな会社が様々なプランを出してきました。

 

大手キャリアの料金の高さ・縛りなどにうんざりしていたぼくは、iPhone 6購入と同時に格安SIMに移行。

それからちょうど1年が経ちました。

そのとき契約した格安SIMは「IIJmio(みおふぉん)」で、自分の電話番号をMNPして移してあります。

基本的に電話をしないので、必要な通信量に合わせてプランをチョイス。

当時あった4GB・2,220円のプランを2ヶ月ほど使い、その後新しくなった3GB・1,600円のプランに移行して10ヶ月使ってきました。

これで維持費を計算すると、こんな感じになります。

2,220×2ヶ月+1,600×10ヶ月=20,440円

 

格安SIMに乗り換えてからぼくがスマホ維持費として支払ってきた1年間の総額は、たったの20,440円です。

もし最初から3GB・1,600円のプランに入っていたら、それこそ1年で19,200円の維持費になっていました。

ついに2万円を切るんですから、これはインパクト大きいですね。

 

厳密に言うと、契約時の事務手数料が掛かっているとか、そういうのはありますが、基本的にはたったこれだけしか支払っていません。

それまで大手キャリアで毎月6,000〜8,000円支払っていたことを考えると、まさに破格です。

まだ大手キャリアで消耗してるの?

もはや使っていない方が損をする格安SIMですが、意外とみなさん使っていないんですよね。

こんなにお得なのに、それはもったいないですよ。

普及しきっていないのが、なんとなくとっつきづらいとか、難しそうとか、どうやればいいかとか、そういう壁の高さにあるのでしょうが、それくらいはちょっと調べればすぐにわかることです。

少し調べて、ちょっと挑戦する気持ちさえあれば、こんなにもお得になりますよ!

 

使い方にもよりますが、ぼくのように毎月のスマホ通信料が6,000円近くかんたんに下がるんです。

6,000円あったら、おいしいものがお腹いっぱい食べられますよ。

よくある飲み会だったら2回くらい行けそうですし、ラーメンだったら色々盛っても6回くらい食べられるでしょう。

ちょっといいエステを受けられるかもしれませんし、普段よりグレードの高いコスメを買えちゃったりしますよ。

ほら、もうやらない理由がないですよね?

 

ほんのちょっと勇気を出して、いいことづくめの格安SIMに移行しちゃいましょう。

ちなみに、ぼくのオススメは「mineo」です。

ぼくはiPad mini 4で使っていますが、これが本当にいいですよ。

使い方マニュアルがついてくるところもポイントが高いです。

Jpeg

料金プランの変更も柔軟だし、余った通信量を翌月に持ち越せるし、結構使い勝手がよくて気に入ってます。

ここしばらくのぼくのイチオシです!

月額756円(税込)からの格安スマホmineo【対応端末数No.1!】

 

−−

格安SIMってそもそもなに?どういうふうに使うの?という方は、ぜひこちらをお読みください

ちょっとがんばって解説してみました!

格安SIMってなに?どう使うの?そんな疑問にお答えします!

 

 

slooProImg_20150425143646.jpg