時間は有限!だから、ぼくが時間を有効活用するためにやっているたった1つのこと。

時間は誰にでも平等です。

1日24時間は決まっていて、365日変わらず流れ続けています。

これ以上増やせないし、これ以下には減らせません。

だから、これを最大限有効活用するのが理想ですよね。

今回はぼくが時間を有効活用するためにやっているたった1つのことをご紹介します。

85792f31e80f9d00b43515a11ae7f46e_sa

ムダを徹底的に排除する

ぼくは時間を有効活用するために「ムダを徹底的に排除する」ようにしています。

「ムダ」とひとことで言っても、例えば家事だったり、例えば誘惑だったり、例えば付き合いだったりと、実はたくさんあります。

そういうひとつひとつを見直すことで、いま自分に必要なのか・そうでないのかをしっかり判断して、必要ならばそれを効率よくこなす方法を見つけて実践すると、貴重な時間を捻出できて、本来やりたかったことに時間を有効活用できます。

 

ぼくが毎週土日のどちらかでやっている朝食用おにぎりの量産ですが、これもその流れのひとつなんです。

おにぎりを作る時間はかかりますが、朝の忙しい時間に洗い物を出さず、サッと朝食を食べられるようにすることで、平日朝の時間を捻出できて、実は結構のんびりと過ごせています。

洗濯物なんかも同じく、なるべくまとめて1回で洗濯できれば水道代の節約にもなりますし、手間も減らせますよね。

「やるべきこと」が決まっているのであれば、それに対する流れは作っておいて、あとはそれを淡々と回していくようにするのが一番効率がいいです。

 

その結果、「やりたいこと」に使える時間が増やせます。

平日だと、会社から帰ってきて疲れている中でやりたいことに向かうのは、体力的にも気力的にも厳しいでしょう。

家事もやらなくてはいけないし、でもこっちもやりたいし…となったときに「やるべきこと」から処理していくと、「やりたいこと」に辿りつけなかったりして、結局ぜんぜん進まない…なんていうこともあります。

だからこそ、「やるべきこと」に対する労力を減らせるように工夫が必要なんです。

これこそまさに「省エネ」です。

自分のために時間を使おう

やりたいと思っていることがある人ならば、いかにしてその時間を捻出するかが課題ですよね。

世の中誘惑が多くて、友達からの誘いでご飯食べに行ったり、飲み会があったり、付き合いがあったりすると、そういう時間がかんたんになくなっていきます。

外だけでなく家の中にも誘惑はあって、ベッドで寝たいとか、ゲームしようかなとか、映画みたいとか、そういう要素がたくさん転がっています。

ここらへんの誘惑を片付けてしまったり、そもそも目に入らないようにするのも、対策としては有効です。

あと、行きたくない飲み会には行かないとか、なんの前触れもなく「今日ちょっといかない?」とか、急なお誘いには慎重に対応するとか。

そういうところの積み重ねは、色んな意味で大事だなぁと感じています。

 

やりたいことがある人、目標がある人、前に進みたい人は、ぜひ自分の24時間にあるムダを探して、それを効率よく処理する方法を考えてみてください。

もしこれはスゴい!というライフハック的なものがあれば、そのときはぜひ教えてほしいです!

 

85792f31e80f9d00b43515a11ae7f46e_sa