ぼくが選ぶ2015-2016冬のオススメ格安SIM+格安スマホはこれだ!

こんな質問を頂きました。

「格安スマホはどれがオススメ?」

「格安SIMはどれを選べばいいの?」

なるほど…最初はどれを選んでいいかわかりませんよね。

それなら、ぼくが「これいい!」と思っている組み合わせをご紹介しましょう!

79fccf1fe6fa9af6a619c4646d113fd6_m

2015〜2016冬のオススメ格安スマホ

ぼくが選ぶ格安スマホの基準は、だいたいこの3つに沿っています。

  • サクサク動く・カメラがいいなど、基本的な性能がいい
  • バッテリーが持つ
  • それでいてなるべく安い

どんなに安くてもLTE通信に対応していないと使い勝手を損ないますし、あまりにひどいカメラ画質だったらつまらないし、バッテリーの減りが速かったら困るし…と考えていくと、やっぱり基本性能は大事ですよね。

それでいてなるべく安いほうがいいと思っているので、仮にどこかが凹んでいたり突出していなくても納得できるバランスを持った機種を選ぶようにしています。

 

そんな基準で見ていくと、今は2機種がオススメです。

Zenfone 2 Laser

今や格安スマホの代名詞とも言える存在になった、台湾ASUSTek製Zenfone 2 Laser。

前機種が昨年登場して以来、かなりの売れ行きを見せてきました。

ぼくはこの機種のひとつ前、画面サイズが5.5インチあるZenfone 2を使っていますが、使い勝手がいいのでかなり満足しています。

iPhone 6から乗り換えて半年以上使ってきましたが、iOSとAndroidの違いはあれど、できることは変わらないし、むしろ同じことができるのならiPhoneでなくても良い、という結論に至りました。

逆にiPhoneでしかできないことといったら、Androidにはないアプリが使えるくらいでしょうか。

 

このZenfone 2 Laserは、サクサク動いて、バッテリーもよく持ち、カメラ画質はかなり良い機種です。

通信関連の性能もひととおり備えていますので、不自由なく使えるでしょう。

価格も30,000円前後になっており、iPhoneの約1/3程度です。

総合的にみて、イチオシ機種ですね。

arrows M02

国内メーカー・富士通製のスマホです。

最近登場したばかりの新製品になりますが、大手通信キャリア向けに製品を提供していた富士通が作っているので、ツボを押さえたスマホになっています。

基本的な性能はひととおり備えていますが、それに加えて防水防塵仕様で、しかもバッテリーが条件によっては3日間も持つというスグレモノです。

この付加価値の魅力が大きくて、これだけでもかなり推せます。

 

この機種を買うときは、Amazonで本体だけ買ってはいけません。

本体だけでは約36,000円となっており、高くついてしまいます。

じゃあどうすればいいか?というと、格安SIMキャリアからSIM+本体セットで購入するのがオススメです。

ぼくが愛用している格安SIM・mineoも取り扱っているので、こちらで契約するのもいいですね。

格安SIMのオススメ

格安SIMについては、あえてひとつにしぼります。

 

ぼくが今一番オススメしている格安SIMが「mineo」です。

実際に使っているのでわかりますが、購入するとSIMと一緒にご利用ガイドがついてきますが、設定の仕方が書かれていてとてもわかりやすかったです。

メールや電話でのサポートというのはありますが、ここまで用意されていると安心して使えます。

Jpeg

それに加えて通信速度も速くて、混雑する時間帯でもそこそこ快適に使えています。

何度か速度計測をしましたが、十分な速度が出ていました。

東海道新幹線の各停車駅で計測したこともありますが、いい数値を叩きだしていました。

 

また、ドコモ回線とau回線のどちらかを選べるのは「mineo」だけの特徴です。

ご自分の生活圏内でつながりやすい方の回線を選べるので、快適に使うことができます。

 

そんなわけで、格安SIMを一つだけ選べ!と言われたら迷わず「mineo」をオススメしています。

月額756円(税込)からの格安スマホmineo【対応端末数No.1!】

今使っているスマホのSIMを格安SIMに変えるのもアリ!

「今使っているスマホが気に入ってる」

「今のスマホがまだ新しいから買い換える必要がない」

そんな方もいらっしゃるでしょう。

その場合は、スマホはそのまま使って、SIMだけを格安SIMに変える方法がオススメです。

 

この場合、対応するキャリアの格安SIMが必要になりますが、そこさえ判別できれば使うことができます。

今のところ、こんな感じで判別すればOKです。

  • ドコモを使っている →mineo、その他多くの格安SIM
  • auを使っている →mineo、UQモバイル
  • ソフトバンクを使っている →格安スマホ+格安SIMにMNP

ドコモ回線は多くの格安SIMが対応していますが、au回線はmineoとUQモバイルの2つのみが対応しています。

ソフトバンクは現時点での選択肢がありませんので、素直に格安スマホ+格安SIMに移行しましょう。

格安スマホ+格安SIMで快適格安スマホライフを手に入れよう!

大手キャリアの料金形態は、ご存知のとおり高いですよね。

サポートやサービスの厚さ、オプションの豊富さ、店頭サポートがあるなど、フルサービスをしてくれるので、その分高くなっています。

そういうサービスなので仕方ありませんが、自分でなんとかできるのならば、そこらへんをすべて取っ払った格安スマホ+格安SIMはオススメです。

また来年にはいい機種が出てくると思いますが、こうして選択肢が増えていくとユーザーとしてはうれしい限りです。

 

ぜひご自分に合った機種・SIMを選んで、快適なスマホライフをお楽しみください♪

 

79fccf1fe6fa9af6a619c4646d113fd6_m