岡本太郎の著書「自分の中に毒を持て」は、ぼくを突き動かす原動力です。

以前、安藤美冬さんに勧められて読んだ本があります。

それが岡本太郎の著書「自分の中に毒を持て」です。

この本、ぼくのバイブルになっている1冊なんです。

自分の心のおもむくままに生きているか?

岡本太郎といえば日本を代表する芸術家で、「芸術は爆発だ」というあまりにも有名なフレーズはこの方から生まれたものですよね。

超有名な人ですが、その独特な世界観は人を惹きつけるような強いメッセージが込められています。

この本もそうで、1冊の中に岡本太郎の強烈なメッセージが込められています。

全体がそういう作りなので、読むとものすごい刺激が得られます。

この本の中でぼくが一番好きなフレーズがあります。

「迷ったら危険な道を選べ」

安藤さんもブログで取り上げている部分になるのですが、このフレーズを聞いたあとで、実際に本を読んだところ、ぼくの中にも響くものがありました。

 

ああ、自分は今までなんて安全な選択を繰り返していたのだろう。

安全地帯からわーわー言っているだけでは、なにも伝わらないじゃないか。

もっと危険な方へかけて行く人生にならなかったら、このまま何もなく終わってしまう。

 

そう思った瞬間、今のままではダメだ!と思って、そこからあちこちへ動くようになりました。

それこそ、安藤さんが当時開いていた「セルフメディア学」に参加したり、その後も四角大輔さんに会ったりして、最近ではイケダハヤトさんにも会えました

仕事も変わって、配置も変わって、さらには立場もどんどん変わっています。

リスクも結構取るようになりました。

 

そうやってとにかく動くようになってから、ようやく自分の人生を生きているような実感が少しだけ湧きました。

あのときの情熱がなかったら、ここまで動くことはありませんでした。

ぜんぜんまだまだだと思っていますが、こう思えるようになったことに本当に感謝しています。

自分の中に毒を持てるか?

「自分の中に毒を持て」という、この強烈なメッセージ。

みなさんはどう捉えますか?

ぼくはこのメッセージを受けとってから、最強の敵は自分自身なんだと思っています。

進化する・しないも自分、変化する・しないも自分、成長する・しないも自分、やる・やらないも自分次第です。

手を抜こうと思えばいくらでも抜けますが、そんなつまらない人生を生きたくないです。

だから、自分が心を傾けられる・興味のある方へ向かって生きようと決めています。

多少のリスクは覚悟の上で、そのリスクを乗り越えようと努力するので、そういう山場は大歓迎です。

そう思うようになってから、ぼくは結構楽しく生きていますよ。

 

そして、今は移住が興味の中心です。

かなりの情熱を持っていますので、早々に実現したいと思っています。

そうはいっても、まずはもっと現地を体験したいと思っているんですけどね。

 

偶然かも知れませんが、岡本太郎のメッセージに刺激を受けて、こうやって生きている人間がここにいます。

どなたにでも合う本だとは思いませんが、一読の価値はあります。

それでも、この本はほかのどの本よりもオススメです。

ぜひ一度読んでみてください。

共感する部分がある方は、きっとぼくが言っていることがわかりますから。