【実験】Chromebook C200を購入!これからしばらく試験導入してみます。

久々に完全なる衝動買いをしてしまいました…。

Chromebookを買ってみました。

ChromeOSには前々から興味があったんです。

もしこれがものすごく使いやすいものだったら、今後使っていくツールが変わっていくんですよね。

だから、その見極めをしたかったのですが、そうはいってもあまり投資もできないので、格安で手に入れば試してみたいなぁ…と思っていたのです。

それが、たまたまASUS outletで安く売りに出されていることを知りまして、ものは試しということで買ってみました。

Jpeg

早速使ってみて、これいいなぁ!と思った点がいくつかあります。

 

起動・動作が異常に速い

前評判通り、起動が異常に速いです。

電源ボタンを押したら即起動、そんな感じです。

一瞬で起動する感覚はスマホに近いですね。

 

起動したあとの動作もサクサクです。

何をするのも速いので、ストレスは無いですね。

 

バッテリーの持ちがスゴい

バッテリーが公称値通り持ちます。

ぼくが使っているChromebook C200は公称11時間なので、本当にそのまま11時間持ちます。

さすがにピッタリというわけにはいきませんが、これはモバイルで使う人にとっては嬉しいですね。

ガシガシ使ってもなかなか減らないなんて、理想的なモバイルツールです。

 

通信量を消費しない

iPad mini 4・Zenfone 2でテザリングして使っていますが、インターネットを使う分以外で余計な通信が発生しないので、結果としてほとんど通信量を消費しません。

Macを使っていると、iCloudやDropboxの同期が自動的に始まって、知らないうちに通信が始まったりするのですが、これが無いです。

それがサクサク動く一つの要因だと思うのですが、本当に快適ですよ。

 

ChromeOS、いいじゃない!

ChromeOSはインターネットブラウザのChromeが動作するOSです。

それだけが動く仕組みなので、マシンパワーが必要ないんですよね。

スペックを見ると「これでよく動くなぁ」と思ってしまうのですが、これが実に快適に動くんですよ。

しかも、OSは自動で常に最新に保たれて、ウイルス対策も自動です。

本体価格はものすごく安いので、これがなんで日本で流行っていないのか不思議なくらいです。

 

パソコンといえばWindows・Macなので、その流れを崩すことはできないでしょうが、もっと気軽でしっかり使えるChromeOSはなかなか優秀です。

もう少しわかりやすい製品のメッセージがあれば一般ユーザーも使うと思うのですが…Googleさんそこらへんどうでしょうか。

 

ぼくはこのChromebookをしばらく使ってみて、使い勝手やどんな風に使えるかなど、色々検証してみます。

感触が良ければ、次回購入するノートパソコンはMacじゃなくなるかもしれませんし。

そこらへんがどうなっていくのか、ちょっと楽しみです。

 

もし興味があれば、ぜひ試してみると良いですよ。

ぼくと同じ機種「Chromebook C200」や上位機種「Chromebook C300MA」がAmazonやASUS公式オンラインショップで販売されていますし、運がいいとASUS outletに出品されていることもあるので、ただでさえ安いChromebookがさらに安く買えるかもしれません。

ぜひチェックすることをオススメします。

ちなみに、ぼくは「Chromebook C200」を19,800円で買いました。

パソコンが20,000円以下って、いや良い時代になりましたな。

 

Jpeg