高知県に旅してから、ブログを書くのがより一層楽しくなった

旅の効果なのか、イケダハヤトさんの影響なのか。

元々、書くことが好きで始めたこのブログですが、最近不思議と感じていることがあります。

以前よりもブログを書くことがより一層楽しくなっているんですよ。

これは本当に不思議です。

頭の中をかんたんに絞り出せるようになってきた

ブログを始めた当初は「毎日記事を書くとか結構しんどい」「どう書いたらいいかわからない」なんていう悩みがたくさんありました。

「毎日書く」を命題にしてやってきていますが、最初の頃は楽しいんだけれどつらいことも多くて、今日の記事が本当に直前まで書けていないなんてこともありました。

その頃からすると、いまはずいぶんすいすい書けるようになってきたなぁと我ながら思います。

 

そうなった背景としては、ひとつは量をこなしてきたことがあります。

とにかく書く量を増やして行かないと、書けるようにはならないんですよ。

小学校の宿題で出る読書感想文や日記なんかと同じで、毎日書いている人はそんなに困らずに書けるのに、そういうことをしない人はこの宿題がどれほどつらかったか。

書いていれば、自然とすいすい書けるんですよね。

 

もうひとつは、記事ネタを切り取る視点が増えたことでしょうか。

例えば、旅行1つとっても色んな経験をしてくるわけです。

それを「旅行に行ってきました」としてまとめることもできますが、それよりもその旅行で経験してきたことを細分化して、ひとつひとつのストーリーをちゃんと書いたほうが、内容が濃くできます。

「なんでも記事になる」とまでは言いませんが、でもなんでも記事にできますよね。

ひとつの記事の内容が濃いほど、読んだときに「おもしろい」と思って頂ける瞬間が増やせるのではないか…と考えています。

こうして書いている今も、「あ、これは記事としてひとつまとめた方がいいかな」と思って、メモに走り書きしている自分がいるんですけどね。

さらなる高みをめざしてがんばります!

ぼくの理想は、短時間で記事を10本以上書けるようになることです。

それくらいポンポンと記事を生み出せるようになれば、もっと自由に、もっとたくさん表現できそうなんです。

現時点で、すでにそうされている方もいらっしゃいますが、そこに追い付け追い越せの精神で、ぼくも負けじとがんばっていきますよ!

でも、今の自分のペースと、それにあったスタイルで無理なく続けていくことも大事なので、ここはしっかりとステップを踏んでおきたいです。

来年の今ごろは、色んな意味でぶっ飛んでいたいなぁ♪