MacBookを手放して、iPad Proだけで生活も仕事もしてみたい

未来が来た!っていう感じがありますよね。

screenshot-www.apple.com 2015-11-15 11-23-57a

「持ち歩ける大画面」という新感覚

なんか、楽しそうなんですよね。

これを使ったら、あらゆることがすべてこれ1台でこなせそうな感じがするんですよ。

ブログ書く、譜面書く、映画・動画を見る、写真を見返す・整理する、LINEやFacebookメッセンジャーなどでコミュニケーションを取る、などなど。

どれもが今あるiPad/iPad miniでできるものですが、より一層大きく活用できそうだと考えています。

 

それに、大画面だけ持って歩くのって斬新ではないですか?

iPad以上の大きさで、MacBookよりも解像度が高くて、しかも画面が広いとなれば活用できるシーンは結構多いと思うんですよね。

これ1台で映画を撮って編集して公開までするクリエイターとか、作曲から演奏までこなすアーティストとか出てきたりして。

screenshot-www.apple.com 2015-11-15 11-33-23a

しかも、iPadだからLightningケーブルを使ってモバイルバッテリーで充電できるでしょうから、そのあたりも魅力ですね。

物理接続のキーボードも用意されていますし、新しいApple Pencilも絵を描いたりする以外でも使えるようになれば面白そうだし、考えれば考えるほど魅力的に見えてきました…!

唯一の弱点はiOSであること?

iPadなので、ほかのiPadと同じくiOSが搭載されています。

iOSはとても優れたOSですし、これがあったからこそ今のiPhone・iPadの地位があるわけです。

この大画面iPad Proに搭載されているOSが良くも悪くもiOSであることが、1つネックかなぁと考えています。

もしこれがMacOSだったら、使えるアプリの幅や使い勝手が大幅に向上していたのではと思うからです。

 

MacOS専用のアプリは豊富にあります。

ブロガー的にはMarsEditとか、音楽やる人が使う楽譜ソフト・Finaleとか、そういう専門アプリが安定して快適に動作する環境がMacOSの魅力を支えているひとつになっています。

長年Macを使っている身としては、もしiPad ProにMacOSが搭載されていたら、即飛びついていました。

それくらい、生活の一部になっているんですよね。

ここはひとつ、MacOSの専門アプリがiOSアプリ化することを願うばかりです。

未来は意外とお安く手に入る!?

iPad Proは32GB/Wi-Fi版でお値段94,800円からとなっています。

これ以外と安くないですか?

screenshot-www.apple.com 2015-11-15 11-52-00a

もっとするかと思っていましたが、最下位モデルなら10万円以下で済むんですね。

最新のiPhone 6s/iPhone 6s Plusなんて、SIMフリー版の価格がそれぞれ86,800円/98,800円なので、それを考えたらかなり安いですよ。

そう考えたら、これは買っちゃう人が出てきますよね。

 

唯一残念なのが、Wi-Fi+Cellularモデルが128GB版にしかないことでしょうか。

スマホのテザリングでも対応できますが、持ち運ぶことを考えたらやっぱりSIMスロット付きのCellular版が必須です。

自分で好きなSIMを挿して、自由に使いたいですね。

 

iPad Pro1台ですべてがまかなえるようになったら…と想像すると、おもしろい未来だと思うんですよね。

もちろん、この先の技術革新なんかで、どんどん新しい製品が登場してくるのでしょうが、直近で見られる夢としてはこのiPad Proはかなりおもしろいです。

いやー…買っちゃうかこれ?