ぼくに連絡をくださるみなさま。電話はほとんど出ませんのでよろしくお願い致します。

最近、色んな電話をいただくようになりました。

個人名刺に電話番号を入れたのがそもそもの始まりだと反省していますが、ぼくの基本スタンスを改めて書いておきます。

8e73bf44e5a130f64b806fa88ca5befd_s

電話はほとんど出ません…というか出られません

ぼく、電話嫌いです。

相手の時間とか都合を無視して割り込んでくるこのシステムが大っ嫌いなので、そういう意味では電話は極力避けています。

家族・友人は別ですが、それ以外の電話はまず出ません。

当然ですが、知らない番号から掛ってきた場合は超警戒していますので、それにまじめにかけ直すことはまずないです。

 

もう少し詳しく解説すると、日中は普通にサラリーマンをしているので、個人宛のスマホに掛ってきた電話は取れません。

そもそもスマホの電源を切っているか、もしくは完全サイレントモードになっていますので、電話があったことにすら気が付かないことも多々あります。

 

一番確実なのはFacebookメッセンジャーか、TwitterのDMです。

メールも見ますが、Facebookメッセンジャー・TwitterのDMと比べると返信率は下がります。

だって、メールって全然手軽ではないし、面倒なだけじゃないですか。

インターネット黎明期の古いシステムからはそろそろ脱却していいころですよ。

 

余談ですが、メールで丁寧に返信くださるのは嬉しいですが、その手間を省いたらもっとスムーズにやり取りができますよ。

LINEくらいの感覚で、でも最低限のマナーを持って、丁寧すぎず、でも丁寧に返信できれば、お互いにもっとラクだと思うんですけどね。

 

話がそれましたが、ぼくの名刺を受け取っていただいた方、もしご連絡頂く際はFacebookメッセンジャー・Twitter・メールをご活用頂ければ幸いです。

「とりあえず電話する」習慣は捨てましょう

電話は確かにラクですよね。

思っていることを相手に直接そのまま伝えられますから、確実に伝わるし、伝えたいことの重要性や熱意なんかも説明しやすいです。

でも、電話は相手の時間を奪うツールです。

テレビやスマホと同じで、相手の時間を無尽蔵に吸い取ってしまいます。

掛けてきた本人は用事を済ませるのでいいですが、掛ってきた方からすれば、こっちの状況も知らずに掛かってくる電話に困る場面も少なからずあるでしょう。

 

電話が掛ってきたら困るシーンを、ぜひ実体験の中からちょっと思い出してみてください。

あなたが掛けている電話が、実は相手にとっては都合が悪いときに当たってしまうかもしれません。

相手の状況を考えるなんて結構難しいことなので、そう考えたらやっぱり電話以外の手段で連絡が付くほうが効率的だと思うんですよね。

 

ぼくは、このなんでも電話番号が必要になる・書かせる社会システムから早いところ脱却してほしいなぁと考えています。

例えばIP電話からでは緊急電話が使えないとか、そういうところを改善して欲しいですね。

そうすれば電話番号を維持するためだけに電話を契約する必要がなくなりますし。

そういう社会にならないかなぁ。