イケダハヤトさんと行く高知県香美市の移住体験ツアーに参加してきました! #高知旅2015

今回、高知県へエクストリーム・プチ旅した最大の目的がこのツアーに参加することでした。

高知県香美市・市役所移住課のみなさん、NPO法人いなかみのみなさん、プロブロガー・イケダハヤトさんが企画・コーディネイトしてくださるこのツアー。

非常に濃い1日を過ごしてきましたよ!

Jpeg

高知県香美市猪野々ってどこ?

高知県香美市は高知市の東側・山間部に位置しています。

このツアーでは、山間部へと入っていき、「猪野々」と呼ばれる地域へ向かいました。

山に囲まれた地域で、渓谷を渡って入ってくるロケーションは自然豊かでとても良いなぁと思うのですが、ここは人口100名程度のいわゆる限界集落です。

最近では限界集落から一歩進んで、さらに深刻な消滅集落という呼び方もあるくらいで、その名の通り集落に住む人がいなくなり消滅する、ということもあるくらいです。

今は限界集落でも、対策を打たなければいつかは消滅集落になってしまうかもしれない、そんな現状がそこにあります。

猪野々に入ってみて、家が立ち並び、しっかりと人が住み、そこに生活があり、いわゆる限界集落とは程遠いように感じましたが、やはり次代の担い手が不足している現状について伺いました。

歌人・吉井勇が3年間隠棲した地

吉井勇ってだれ?と思う人はたくさんいらっしゃると思いますが、「命短し 恋せよ乙女」という「ゴンドラの歌」の超有名なフレーズを作ったのがこの人です。

明治・大正・昭和を生きた歌人ですが、途中失意し、猪野々で3年間隠棲しています。

そこでの生活、人々との交流をとおして再起し、その後も活躍を続けました。

その活躍と「第二の故郷」と呼ぶほどまで思い入れのあったこの猪野々に、吉井勇記念館が建てられています。

本人が住んだ渓鬼荘(けいきそう)も保存されており、当時の生活を伺うことができます。

 

Jpeg

正直ここに来るまで吉井勇のことを知りませんでしたが、猪野々の地で隠棲→再起するまでになったこの地の魅力を垣間見ることができました。

確かに、ツアー客のぼくでさえ広大な自然と、そこに生活される方々の温かさを感じました。

豊かな自然と人情に触れたら、人間らしさを取り戻せるでしょう。

郷土料理を頂きました!

昼食には、その土地で取れた野菜と、郷土料理を頂きました。

すごい豪華な料理が次々に出てきます。

お弁当にも土地で取れた野菜がたっぷり入っていました。

Jpeg

田舎そばは特においしかったです♪

Jpeg

実はここに写っていない料理がさらに2品ほどあって、本当にたくさんの料理を頂きました。

あまりの美味しさに感動してしまい、写真を撮り忘れるという事態に…残念。

空き家を拝見してきました

昼食後は猪野々にある空き家を拝見しました。

とても環境がいいところにあるのですが、台所がなくて、お風呂もないとのことでしたので、ここに住まわれる方はリノベーションが必要になります。

ここから見える景色が、ものすごく絶景です。

ほんと、言葉は要らないです…。

Jpeg

秘境・轟の滝

猪野々の地にある轟の滝は日本の滝100選に選ばれている、それはもう素晴らしい滝です。

なにがスゴいって、あまりにスゴくてもう写真では伝えられないんですよ。

言葉でも言い表せません…。

Jpeg

イケダハヤトさんによる講義とワークショップ

昨年夏ころから高知県に移住され、今年の夏前に山奥の本山町に移住されたイケダハヤトさん

ご本人が体験した移住や、移住へのステップなど、約1時間熱く語られました。

R0011568a

ひととおり聞いて一番思ったのは、イケダハヤトさんは高知県がものすごく好きだということ。

いろんな土地を見てきたそうですが、高知県が一番良かったと仰っていました。

ぼくも短時間の滞在ではあるのですが、この土地に住む人々の温かさ、豊かな自然に、もう魅了されています。

ここで生活したら、もう東京には戻れませんね。

それくらい、良いですよ。

 

イケダハヤトさんがご自身のブログで「まだ東京で消耗してるの?」というタイトルを付けられていますが、この理由がよくわかりました。

高知にいたら、東京は消耗するだけの寂しい土地にしか見えません。

ものすごく納得しました。

感想

今回のツアーには、約1週間前にその存在を知り、勢いだけで参加申請して、その後からいそいそと手配を行ってきました。

ぼくは今まで高知県に降り立ったことがありません。

高知県出身の友人はいるのですが、話には聞いていても、自分の目で見ていないからよくわからなかったんですよ。

それに、イケダハヤトさんのブログで高知の魅力に触れていましたが、こちらもいい景色・良い生活が見られるばかりで「本当にそうなの?」と思っている部分も正直ありました。

 

でも、そんなことは高知に来て、一発で解決しました。

高知は良いところだ。

住みたくなるし、住みたいと思う人がたくさん出てきているのもうなずけます。

それがよくわかりました。

それくらい良い土地です。

 

ぼく自身、色々考えて整理していかなければならないことはあるのですが、これは早い段階で移住したいぞ…と考え始めています。

早い段階とか言っていますが、本音は数年も掛けずにパッと移ってしまいたいです。

 

今回のツアーをとおして、現地の友人ができました。

また、県外からの参加者とも仲良くなれたので、これから色々と連絡を取って、お互いの変化や進捗なんかを共有していきたいです。

 

本当に充実した1日になりました。

企画してくださったNPO法人いなかみのみなさん、香美市スタッフのみなさん、イケダハヤトさん、ありがとうございました!