ぼくにとってブログは楽しいもの。自分の成長や変化をひたすら書き続けます。

イケダハヤトさんのブログ「まだ東京で消耗しているの?」におもしろい記事が書かれていました。

「なぜブログを書き続けるか」?それは「自分の変化が楽しいから」です。|まだ東京で消耗してるの?

このお題を拝借して、ぼくも書いてみます。

とにかく書きたい!

ぼくは書くことが好きなので、「とにかく書きたい!」という気持ちを満たすためにブログを始めました。

書くとは言っても、今までやってきたことといえば、会社でレポートをまとめるとか、プレゼンのストーリーを組み立てて台本にするとか、長文の提案書を作るとか、そんなことくらいです。

出来上がったものに対して、「読みやすい」「まとまっていていい」など、毎回のように好評だったので、いい気になってじゃあもっと書こう!と思ったことがそもそもブログを書く動機になっています。

そういえば、その昔の大学時代に、毎週必ずレポートを提出することが必須の講義を受講していましたが、思えばあのときの経験が活きているのかな…なんて考えたりしています。

 

ぼくは昔からそんなに自信に満ち溢れていたわけではないし、元々は心配症なので、石橋を叩いて叩いて叩いて…ひたすら叩いてから渡ってきました。

安心できる範囲の中で生活するのが、自分にとっての小さな平和だったんですよね。

それが、歳を重ねて、大学を卒業して就職して、転職もして、一人暮らしもして、震災も経験して、そうやってどんどん世の中にもまれていくうちに、大きく変化しました。

 

今までは、ただひたすら流れに乗っていれば済んでいたようなところがあったかもしれません。

でも、これから先は、自分でちゃんと歩いていかなければ、なにも得られません。

それならば、どこでも生きていけるように、自分にできることを増やそう!と思って、このブログを始めました。

書くことが好きならば、その環境を自分で作っちゃえばいいんですよ。

実にかんたんなことでした。

自分の成長や変化が楽しい

まだちょっと苦手なのですが、ブログにはぼく自身の成長や変化を書くように意識しています。

わかりやすいところでは、経験したことをたくさん書くとか、私見を多めにいれるとか、誰でも書けるようなことは書かないようにするとか。

もちろん、すべてでそうできているわけではありませんが、ここ最近は特に意識してそうしています。

それが重なっていくに連れて、ぼくにしか書けない・ぼくだけのブログへと成長していくはずです。

 

時間が経てば、ぼく自身の思いや意見は変わっていくと思いますが、根本的な原動力は変わらないでしょう。

でも、そういう変化や成長が楽しいんですよ。

このブログを始めたことだってそうです。

ぼくはまだまだ変われるんだと実感していますし、これからももっと変われるぞという未来への希望を持っています。

 

ええ、ぼく今すごく楽しいですよ。

もっと早くにこんなに楽しいことと出会いたかったです。

そこだけが悔やまれますが、その思いもバネにして、未来に向かってひたすら走り続けますよ!