通勤電車をすべて各駅停車に変えたら、心のゆとりがものすごく広がりました

ここ一ヶ月くらい、通勤電車で快速・特急・急行といったものすごく速く移動できる電車に乗るのを止めています。

つまり各駅停車に乗って通勤しているのですが、これがものすごく快適なんですよ。

ぼくは今まで一体なににとりつかれたかように早く会社に行こうとしていたのか、今ではもうわかりません

957e4a754d87d5cdea9e66d2cd6d0d11_s

心のゆとりを持つ

都会の朝の名物、通勤ラッシュ。

会社で働く多くの人が同じ時間帯に通勤することがそもそも原因としてあるのですが、そのせいで通勤電車は超満員。

すし詰め状態で目的の駅まで乗って行くなんていうことは日常茶飯事です。

でも、みんな通勤ラッシュはイヤだと思っているのに、始業時間に合わせて仕方なく乗っているんですよね

ものすごくクレイジーな行動です。

ぼくも例外なく通勤ラッシュに巻き込まれていますが、なんでこんなことをしているんだろうと、いつもそう考えながら乗っているんですけどね。

 

もはや、通勤がその日一番の大仕事ですよ

あんなに辛い思いをしながら通勤して、会社にたどり着いた頃にはかなり疲弊している状態で仕事を開始するわけです。

なんですかこのムリゲーは。

 

そんなことを長年思っていたのですが、つい最近ふと思い立って、快速・特急・急行といった目的の駅に早く着く電車に乗るのを止めてみました。

各駅停車を狙って乗るように変えたのですが、その結果ものすごく心の余裕ができたんですよね

通勤時間帯の話なので結局は混んでいるのですが、それは快速などの比ではありません。

あっちはまず座れないし、立っていると足の踏み場もないくらいギュウギュウになって身動きひとつ取れない状況です。

ものすごく辛かったのですが、これを各駅停車に変えただけで、こんなにも余裕が生まれるなんて想像もしていませんでした。

通勤ラッシュ自体どうかとは思っていますが、その中でできる改善策としては、これはかなりラクですよ。

日常の中でわずかなことを改善するだけで満足度を上げられる

これだけITが発達しても、連絡手段が増えても、旗を振る人の理解が得られなければ、いつまでも社会は変わらないです。

でも、自分の思考はいくらでも変えられます。

今までこだわっていたことを止めてみるとか、方法を変えてみるとか、相談する人を変えてみるとか、色々手段は考えられますが、そういう普段とは違ったことをやるだけで、実は改善のヒントはたくさん得られるんですよね。

結果として、それが自身の満足度向上につながっていきます。

 

通勤電車を各駅停車に変えるというのは、今まで「なるべく早く会社にたどり着きたい」と思っていたぼくのこだわりのせいで快速選んでいたところ、「いつもどおりの時間にだいたい着ければいいのだからもっとラクしよう」と考えを変えただけで、こんなにも気持ちがラクになったんです。

ほんのわずかな、ささいなことでしかありませんが、それで気分がいいのなら、それに越したことはありません。

通勤ラッシュが苦手な方、ぜひお試しあれ。