自分に限界を設けるな

「自分に限界を設けるな」という言葉を、大学時代に先輩から言われたことがあります。

そのとき先輩は相当酔っぱらっていたのでありがたみには欠けていましたが、この言葉の突くところは真実です。

15年くらい前に聞いた言葉ですが、すごいことに今でもときどき思い出すんですよね

7f63e516b6b6fdd1bc81b62f4c2edecf_s

自分を越えられるのは自分だけ

誰が見てもわかるような実績値やアートのような表現ならば誰でも比較判断できますが、自分自身のことは他人には判断しようがありません。

客観的には比較できても、本人でなくては判断できない、わからない部分がたくさんあります。

その本人にしかわからない部分は、やはり本人にしか手を付けられないので、たとえそれがどんなに難しかろうが困難であろうが、本人が乗り越える以外に方法がありません。

 

でも、それもすべて自分のことです。

自分自身を越えられるのは、他でもない自分自身しかいません。

よく、アスリートが「自分を越えていく」なんていう使い方をしますが、まさにあれですね。

自分の殻に閉じこもっていては、越えられませんから。

 

殻に閉じこもっていれば、もしかしたら居心地は良いかもしれませんが、そこから先へは進めません。

どんなに辛かろうが、苦しかろうが、逃げてばかりではダメですよね。

自分からはい出て、立って歩いていく以外に道を切り開くことはできないんです。

そうやって自分を乗り越えていくことが、その先の自分の人生を紡いでいきます

自分を信じて前に進む

この言葉を聞いた当時からだいぶ時間が経ってしまっているので、どんな話の脈絡で言われたのかはさすがに覚えていませんが、とにかく何か伝えたくて出てきた言葉だったんだと思っています。

でもすごいことに「自分なんてなにもできない」とか「もうこれ以上はダメだ」などと思ってしまっている弱い自分の心を奮い立たせるときに、ふと思い出すことがあります。

この言葉のおかげで、「ぼくだって何かできるよ」「もう少しだけならがんばれるよ」など、ここ一番でなんとかふんばりたいときに、もう一度立ち上がってこられました。

 

たった一言の言葉でしたが、今の時代を生き抜くために必要な要素がギュッとつまった言葉です。

自分で自分の能力を決めつけず、あらゆる可能性をもっているはずの自分を信じて、思い切って動くことの大切さを教えてくれます。

この先、多くの困難が待ち構えていると思いますが、そんなものに負けずに未来を切り開いて生きていきますよ。

 

7f63e516b6b6fdd1bc81b62f4c2edecf_s