コメントのやりとりは時間の無駄なので、当ブログには今後もコメント欄を設けません

当ブログは、開設当初からコメント欄を設けていません。

立ち上げ直後くらいはまではいずれ実装しようと考えていたのですが、すぐにこれは要らないと判断して、今現在もコメント欄は設けていません。

あんな面倒な仕組みをわざわざ設置する必要はないですよ

c596e7576b0c231e61b5ffe1b1b4c7c9_s

コメントのやりとりは消耗するばかり

先に断っておきますが、Facebookで友人からコメントをもらうのは大変嬉しいです

友人の意見が聞けるという点と、色んな考えに触れられるという点は、やはり大事だと感じています。

ただし、なぜFacebookはOKかというと、親しい友人・旧知の友人・同じコミュニティにいる友人でなくても、コメントする方の身元がわかっているからという理由が一番大きいです

基本、顔までわかる仕組みになっているので、インターネット上で普段の言動と違うことをするような人も、ここではできないですよね。

コメントするなら、ちゃんと自分に責任を持ってほしいのです。

 

ブログのコメント欄を閉じている理由は、まさにここにあります。

こちらは相手が誰だかわからないのに、ひたすら批判だけはしてくる人は大勢います。

目のあたりにすると結構ビックリしますよ。

そんな人を相手にする必要はないし、ぼくは記事・コンテンツを作りたいので、そっちの対応をしている時間なんてありません。

そんなわけで、コメント欄は今後も設けない方針です。

ブログは記事・コンテンツを作るためにあるもの

繰り返しますが、ぼくはブログの記事・コンテンツ作りに集中したいのです。

ちょうどイケダハヤトさんが同じことを書かれており、その中でズバッと言い放っています。

まだ「コメント欄」で消耗してるの?|まだ東京で消耗してるの?

コメント欄なんていらないんですよ。ソーシャルボタンで十分。しっかりと議論する能力がある人は、ちゃんと自分のブログで書いてくれますよ。

繰り返しますが、コメント欄というのは「情報リテラシーが低いおっさん」「悪意ある書き込みをする暇人」を集める装置にしかなりません。なので、コメント欄はさっさと閉鎖してしまいましょう。振り回される暇があるなら、さっさと記事を作ってください。

まさにここですよ

ブログだって議論できるんですから、コメント対応をする時間はひたすら無駄なだけです。

コメント欄を設けている方は早いところ閉鎖して、穏やかな心で記事作りに集中した方が絶対良いです。

間違いないです、絶対ですよ!