ブログで稼ぎたければ、まずはひたすら書くべし

「ブログって稼げるんですか?」という類の質問をときどき頂きます。

ブログを始めて1年にも満たないぼくにこれを聞いてもほとんど参考にはなりませんが、この質問を頂いたときは決まった答えをお伝えするようにしています。

ラクしては稼げません

ものすごく当然のことなのですが、世の中にラクして稼げるものなんてないんです。

そりゃあ、もしかしたら時代劇の悪代官みたいにガッハッハと笑いながら左うちわでパタパタしているような人もいるかもしれませんが、そこにたどり着くまでの努力は相当なものだったはず。

努力も積み重ねも何にもなしで、そのポジションになれる人はいないんですよ。

 

特に会社員で勘違いしていそうな人もいるかもしれませんが、「会社に所属していればお金がもらえる」という感覚をもしお持ちだとしたら、それはものすごく間違っていますよ。

そのお金は、所属しているから貰えているのではなくて、労働の対価として支払われているものです。

タダで貰えるわけがありません。

 

ブログも同じです。

プロブロガーと呼ばれる人たちを見れば分かる通り、相当な努力と試行錯誤とチャレンジを積み重ねてこられています。

そういう方たちの収益を見ると確かにスゴいことになっているんです。

でもこれ、そこまでやってきたから成り立っていることですよね。

つまり、会社員と同じで努力もなしに稼げるわけがないんです

 

だから、ぼくはこの質問をもらったときには必ずこう答えています。

「稼ぐ手段はありますが、会社員と同じで努力もなしには稼げませんよ」

稼ぐよりも先に必要な「努力」と「量」

どんな仕事にも通じることですが、稼ぐためにはそれなりの努力が必要です。

最初からものすごく上手く稼ぐ人というのも確かにいらっしゃいますが、大多数の人が千里の道も一歩から状態でしょう。

確実に一歩一歩積み重ねていくことが、いずれ大きな稼ぎになるものです。

 

一歩一歩の積み重ねと連動している要素が「量」です。

一般的によく言われることですが、今までやってきたことの量だったり、試行錯誤してきた量が多ければ多いほど、より大きな結果を得られたり、より早く結果を得られる可能性が高まります。

ある意味、特訓みたいなものです。

今まで何もしていない人が、ひたすら特訓を積んできた人に勝てるかというと、かなり難しいはず。

それくらい差がついているのですから、並大抵のことでは勝てません。

 

でも、「努力」と「量」を積んでいくことは自分でできます。

この2つの要素を掛けあわせて続けていけば、おのずと結果は得られるようになります。

その結果が認められれば、会社から対価を貰えたり、ブログの収益につながったりするんです。

ずっと続けていけば、さらに大きな未来を切り開けるようにもなります。

そういう意味では、自分が情熱を燃やせるものに早く出会えた方がいいですよね。

ブログで稼ぎたければ、まずはひたすら書くべし

最初の質問にもどりますが、この質問の真意にまじめに答えるならば、こうなります。

「稼ぐ手段はあります。そのためにまずは必ず毎日記事を書き更新すること。そしてアクセス解析を行いどの記事が読まれているか分析すること。そのデータを元に記事を改善、さらには次の記事につなげていくことを1年くらい繰り返せば、ようやく少しは稼げるようになるかもしれません。

これ本当にそうですよ。

それくらいストイックにやらなければ、結果は出ないんです。

先駆者たちが言っているのだから、間違いありません。

だから、絶対に必要なのは情熱なんですよ

そして、好きでやっているかどうかです。

好きで書いている人の記事は自然と読まれます。

単純な話で、好きでもないのに書いている・書かれている記事を読みたいですか?

そういうことですよ。

 

それくらいやっても、もしかしたら思うような結果は出ないかもしれません。

それでも続けていけば、それはいずれ結果につながるかもしれません。

さぁ、あなたはブログで稼ぎますか?