健全にお金を稼ぐのが悪いこと?変な固定概念や思い込みとはサヨナラしましょう

日々まじめに働いて稼ぐお金以外すべてを「No」と言われることがあるのですが、これはものすごい思い込みですよね。

ぼくなら、そういうことを言う方とは距離を取りたいです

6a35c7da3c43c11daac2b93a24085128_s

お金を健全に稼ぐことの何が悪い?

今はお金を稼ぐ方法がたくさんあります。

FX投資、株取引、アフィリエイト、物販、家賃収入などなど。

パッと思いついただけでもこれくらいあって、探せばもっとたくさんあります。

それらの方法をまとめて副業なんて言われますが、どれもこれもまじめに取り組めばお小遣いどころではなく大きな収益になります。

当然、健全に稼ぐことが大前提ですが、そうやって稼ぐことはまったく問題がないことです。

 

ところが、それらをすべてダメなことと決めつける方が一定数以上いらっしゃいます。

そこで言われる理由が「会社以外からお金をもらうなんてダメ」「健全じゃない」「全部ダメ」など、たくさんのマイナスな言葉を置いて行かれます。

え?これなにがダメなんですか?

副業を禁止しているからという理由ならまだわかりますが、個人の感情などで否定される覚えはありませんし、ぼくはそもそも副業禁止もどうかと思っています。

 

自分が活動して、それがお金になるのであれば、そのお金は大変価値のあるものです。

その価値を一律否定されるというのは、いかがなものでしょう。

ぼくなら、説得するのが面倒なのでそういう人から離れちゃいますよ。

個人の創作活動の価値を正しく評価してほしい

個人の創作活動は様々あれど、どれも大変価値のあるものです。

それがお金になるかならないかは別にしても、そういう文化的な面を大切にしていかないと、こり固まった社会だけになってしまいます。

なんというか、大事な何かを失くしていくような気がしています。

そうならないためだけではありませんが、クリエイターの方々がもっと活躍できるような場があって、それが多くの方に支持・評価されるようになれば、もっとおもしろい文化が育っていくと思うんですよね

 

今感じている「個人の創作活動を大切に出来ない風潮」を、まずは見なおすべきではないでしょうか。

理解できないからという理由だけで切り捨ててしまっては、育つものも育たないです。

変な固定概念や思い込みなど、ぜひ捨ててしまいませんか。

理解出来ずとも、新しい芽や文化を温かく見守るくらいの心の余裕は、いつまでも持っておきたいですよね。