ぼくがおサイフケータイ・モバイルSuicaを止めたたった1つの理由

ぼくは年間をとおしてちょこちょこと出張することがあるので、今までおサイフケータイ対応スマホのモバイルSuicaを使って新幹線に乗ったほうが絶対便利だ!と思っていました。

でも、最近の出張から使うのを止めることにしました。

こんな使いづらいサービスは要らないです

c57d7cbd780f390a00763eecc4b8d4f6_s

おサイフケータイ対応スマホでしか使えない不便さ

ちょうど出張の頻度が減ってきたというのも理由の1つではあるのですが、一番の理由はその使い勝手にあります。

そもそも、おサイフケータイ対応スマホが無ければ使えないのですが、これを搭載しているのは携帯大手キャリア3社から発売されているスマホだけです。唯一、SIMフリースマホのXperia J1がおサイフケータイに対応していますが、あとは全滅です。

みんな大好きiPhoneや格安スマホには搭載されていませんので当然使うことができません。そんなiPhoneのためにおサイフケータイ機能だけを別にした「おサイフケータイジャケット」という製品も存在しますが、こちらはSuicaに対応してません。

つまり、現在おサイフケータイのメリットを享受できる人はかなり少なくなっているのが現状です。

これを解決するための手段は今のところありません

対応するスマホを購入するしかないのですが、誰もがすでに1台はスマホが手元にあると思うので、わざわざおサイフケータイ対応スマホを追加購入する人ってかなり限られていますよね。

実際、スマホが1台増えるだけでも荷物が増えて面倒です。

出張は荷物をできる限り減らしたいのに、これでは本末転倒ですよ。

 

あれこれ考えるのが面倒だから全部止めました。

なにかうまい運用方法はないものか…と考えていたのですが、そもそも代替方法がない以上、考えても無駄なんですよね。

そこに気が付いてしまったので、そもそもおサイフケータイを使うのを止めました。それに伴い、Felica対応スマホも手放すことにします。

さようなら、Xperia Z3 Compact…。

新幹線の予約は「えきねっと」を使い、JRの改札でえきねっとに登録したクレジットカードからチケットを出力するスタイルに逆戻りすることになりますが、それくらいなんともないんですよ。

むしろ、それだけのためにスマホを1台余計に持っていなくちゃならないなんて、管理が面倒なだけです。新幹線に乗る回数が減ってきた今、本当に必要がないですね。

今後、革新的な方法やツール・ガジェットが登場してきたら考えますが、現時点ではめちゃくちゃ面倒なので止めちゃいます。

願わくば、飛行機のようにQRコードで乗れるようになったり、iPhoneの純正アプリ「ウォレット」をiPadにも広げて頂き対応できるようにするとか、NFC等で扱えるようになってくれば、海外の主要端末も含めて対応端末が一気に増えると思うんですよ。

関係者の方、ぜひシンプルでわかりやすく使いやすいツールを開発して積極的に売ってください!

そっちの方が絶対良いですよ!