ブログを書くのにWordPressを使うのはちょっと面倒だと思い始めた件。

ブログを書き始めて約7ヶ月半。

当初からずっとWordPressを使って書いてきたのですが、長く使っていると「良いな」と思うところもあれば、「不便だな」と思うところも出てくるようになりました。

この先も長く運営していくことを考えたら、使うシステム自体を考えていかなければいけないな…と思い始めました。

WordPressの良いところ・良くないところ

WordPressは世界中で活用されているオープンソースのCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)です。

screenshot-ja.wordpress.org 2015-10-08 22-29-06a

オープンソースなので誰もが自由に使えます。

費用も掛かりません。

そのため、ブログはもちろん、ホームページや企業サイトなどでもたくさん使われています。

ユーザーによる勉強会などが積極的に開かれていて、一種のコミュニティのようなものが形成されています。

そういう状況で盛り上がっているので、テーマやプラグインなども含めて、様々な情報が手に入りやすいのも特徴です。

 

WordPressを使うには自分で別途サーバーを用意する必要があります。

ぼくはレンタルサーバーを借りて運営しているのですが、こちらはもちろんサーバー代が掛かります。

そのサーバー代の中にサーバー保守・メンテナンスはサービスとして入っているので、そこはレンタル元に任せるとしても、WordPress自体のメンテナンスやアップデートは全て自分でやらなければなりません。

 

WordPressを使うことで、WEBサービス運営の基礎みたいなことはひととおり学べるのですが、その分自分でやらなければならないことは多岐にわたります。

特に重要なのがWordPress・プラグイン・テーマのアップデートなのですが、これが一筋縄ではいかないんですよ。

WordPressをアップデートするとプラグインがうまく動かなくなったりして、にっちもさっちもいかないことが実際にあります。

これがどれほど面倒か

他にも、データベース類のバックアップを定期的にやっておいたりする必要があって、これもまたハードルが高いなぁと思う部分です。

Mac用ブログライター「MarsEdit」がなぜか使えない

ぼくの環境固有の問題だと思いますが、実はこれが一番問題で、WordPress自体のセキュリティを高めた結果「MarsEdit」が使えない状態が続いています。

どんなに調べてみても、アドバイスどおり同じようにやってみても、どうやっても動いてくれないんです。

おかげで、毎回WordPressにログインして執筆しています。

ここが改善できたらものすごく効率化できるのに…。

どうやったら使えるのか、誰か教えてください…結構切実です。

 

ブログを書きたいのに、書き始める体制に入るまでの様々な準備がありすぎて、しかもMarsEditが使えないとなると、今のやり方は正直面倒だな…と、最近特に思うようになりました。

このままではダメだ!

 

※10/10追記 → いきなり使えるようになりました!

 

WordPressをやめて他に移るか検討してます

そんなわけで、WordPressをやめて、他に移ろうかと考えています。

同じようなCMSもありますが、ISPが提供しているブログサービスを利用するのも手です。

いまさら無料系にするの!?とか言われそうですが、ISP系のブログサービスに移すことで自由度は下がるかもしれませんが、メンテナンスやら運営やらは全て任せてしまえば、ぼくは記事を書くことだけに集中できるようになります。

当たり前ですが、ぼくはブログのメンテナンスがしたいわけではないですからね

今はとにかく記事を書くことに集中したいので、この方が良いのではないか?と思っています。

 

移すことによる弊害などが心配なので慎重に検討していますが、うまくすればかなりいい環境が手に入りそうなので、もうしばらく検討してから決断します。