プラグイン・Google Authenticatorの設定手順ミス!直したらMarsEditが使えるようになった!

嬉しさMAX!テンションMAX!

半年以上悩んでいたことがいきなり解決してしまいました。

これで記事をガシガシ書けます!

2776f1a17baf11ef39616cf935c138f7_s

突如原因が判明!

WordPressのセキュリティを高めるために「Google Authenticator」というプラグインを使っているのですが、これを導入して以降MarsEditが使えない状況が続いていました

インターネットで検索しまくって、色んなサイトの情報を読み漁っていたのですが、どうしてもMarsEditにパスワードを入力するところで引っかかってしまい、ここから先に進むことができませんでした。

その原因が、昨晩突然わかってしまったのです

 

先に結論から言うと、WordPressのユーザープロフィールから設定するパスワードを作成後に「プロフィールを更新」していなかったことが原因でした。

なんのこっちゃ?と思われるかもしれませんので、画像付き解説しちゃいます。

 

まずはWordPressに「Google Authenticator」を導入して、使える状態まで持って行きます。

「Active」にチェックを入れて、その下の「Enable App password」にもチェック。

その下の「Create New password」を押して、その左側に生成されるパスワードをコピーします。

この段階では、まだMarsEditは触りません

screenshot-yasumihirotaka.com-2015-10-09-22-30-05a.jpg

そこまでできたら、一番下までスクロールして「プロフィールを更新」をクリック。

screenshot-yasumihirotaka.com-2015-10-09-22-32-06a.jpg

これで準備完了です。

そこまでできたら、あとはMarsEditの設定です。

ひととおり設定を終わらせて、最後にログイン情報を入力する画面が出てきます。

ユーザーネームと、先ほどコピーしたパスワードを入力すると、晴れて使えるようになります!

超快適な環境が整いました!

原因がわかってしまえば、もうどうってことはないです。

今まで「パスワードを生成 → コピー → MarsEditに貼り付け」して失敗していました。

これを「パスワードを生成 → コピー → プロフィールの更新 → MarsEditに貼り付け」の順にやったら見事に解決です。

たったこれだけでMarsEditが動き始めました。

ああ、こんなかんたんな理由だったのか…。

 

それにしても、MarsEditはやっぱり快適ですね。

書くことだけに集中できます。

余計な情報が目に入ってこないので、ひたすら書けます。

もう少し使いやすくするためにカスタマイズが必要ですが、とりあえず使用できる状態になったことが本当に嬉しいです!

 

さー、これでもっとガシガシ書くぞー!

 

2776f1a17baf11ef39616cf935c138f7_s