怒ってもいいことがないので怒らない。怒るパワーが無駄で意味がなさすぎる件。

これ、ぼくの信条です。

怒ってもいいことがないので、怒りません。

別に無理はしていません。

ごく普通にそうしているだけです。

怒るパワーがもったいない

ぼくはこの信条をあちこちで表明しているのですが、たまに「そんなガッツのないやつはダメだ」とか、「もっと熱くなって仕事しろよ」「やる気ないの?」と言われます。

そう聞くたびに残念だなぁと思うわけです。

はいはい、そうですか、勝手にガッツいて熱くなってくださいよ。

無駄に怒っているヒマなんて、ぼくにはありませんよ

 

怒るって、パワーが要ります。

普段とはかけ離れたことをするので、当然しわ寄せがやってきます。

怒った方は疲れるし、怒られた方も疲れる。

これ誰得なんでしょうか?

 

ときには怒らなければならないこともあるのかもしれません。

でも、今まで生きてきて、そんな場面に出くわしたことがありません。

反対に、仕事上で怒られることはあったりしますが、そもそも怒るってなんだよ?と思うわけです

理由はさておき、ぼくなんかはなんでそんな無駄なことをするのだろう…と、逆に冷静になってしまいます。

せっかく貴重な1日を生きているのですから、そんなところで消耗していないで、自分がやりたいことにパワーを使いたいです

怒りぬいて育てるとかもう過去の遺物

未だにいらっしゃいますが、怒って叱ってゲキを飛ばして、ビシビシと後輩や部下を育てるという方。

すみません、そういう人はもう要りません

過去の経験や文化・風習などにとらわれているから、やれ自分の時代はこうだったから若者にもこうしてやるだとか、今の若者はガッツがないだとか、わーわーとわめくんですよ。

あなた達が進化できないせいで、やる気のある優秀な若者が潰されて、追いつめられて、挙句の果てに鬱やら自殺に追い込まれているケースが多々あることをご存じないのですか?

自分のことを棚に上げていないで、さっさとそこからどいてください。

 

で、その追い詰められる若者側は、そんな人が近くにいたらさっさと離れましょう。

相手はもはや化石になっている方たちです。

何を言っても変われない可哀想な人達なので、そんな人は置いておいて、自分たちは次へと進んでいきましょう。

今は自由に情報を入手できる時代です。

自分から動けば、いくらでも情報は手に入ります。

求人サイトに登録するとか、外部の人とコミュニケーションを取って人脈を広げるとか、色々方法はありますよ。

いつまでも同じところでくすぶっていないで、すぐにでも動いてしまいましょう。

 

転職を考えている方は、最新の求人サイト・ピタジョブがオススメです。

登録に1分もかからないですし、こだわり・わがまま検索ができるので、使い勝手がものすごくいいです。

普段忙しい方も、これならすぐに情報収集が始められますよ。

人まかせにしない わがまま転職 | ピタジョブ