iPad mini 4で絵を描き始めました。筆スタイラスの使い心地がものすごく良い!

先日からiPad mini 4で絵を描き始めましたが、これが結構楽しくて、すっかりハマってしまいました。

絵を描く楽しさを久しぶりに味わっています。

ほんと、iPad mini 4を買って良かったです!

Jpeg

筆スタイラスが秀逸

絵を描きたいと思ってすぐに買ったのが、2本の筆スタイラスです。

これがものすごく秀逸でした。

まさに買って正解!

 

2本のうち、1本は毛足が短くて全体が太めのタイプです。

もう1本は毛足が長くて細身のタイプです。

2本を比べると、その違いがよくわかります。

左が細身のF-Typeで、右が太めのD-Typeです。

Jpeg

毛足の部分を拡大するとよくわかります。

本当に筆です。

Jpeg

右のD-Typeの方は普通のスタイラスとしても使えるようで、Amazonのレビューを見ているとパズドラなどのゲームで使っている方もいるようです。

 

毛足の太さが違いますが、実際に画面に描いたとき太さが異なることはありません。

iPadアプリからしたら、どちらも同じスタイラスとして認識されます。

そこが実際の筆とは違うところです。

この感覚には慣れるしかありませんね。

早速描いてみました…けど、引き続き楽しんで描きます♪

早速、こちらのペンを使って、iPadアプリ「Paper by FiftyThree」で適当なイラストを描いてみました。

Paper - FiftyThree のテキスト、写真へのメモ、スケッチツール
Paper – FiftyThree のテキスト、写真へのメモ、スケッチツール
無料
posted with アプリーチ

 

木の部分だけD-Typeを使って縁取りして、あとはすべてF-Typeを使って水彩タッチにしてみました。

IMG_0006a

まぁ、適当に描いたから評価もへったくれもありません。

アプリが優秀なのでしょうが、筆を短く動かすと色が濃くなって、長めに動かすと薄めに着色できました。

そこの感覚がつかめれば、もう少し精度が上げられそうです。

 

こんな感じで、楽しくやっています。

しばらく描いていれば、そのうちもうちょっとまともなイラストを掲載できると思います。

イラストが描けるようになれば個人的に表現の幅が広げられますし、ブログには色が増やせます。

そんなわけで、引き続き楽しくやっていきますよ♪