思いつきで「味噌粕煮込みうどん」を作ったら激ウマだった

先日、久しぶりにとんでもない風邪にやられてしまったときは、すっかり食欲が衰退してしまいました。

なにか食べないと薬が飲めないので、無理矢理食事を取っているような状況が続いていましたが、そうはいっても脂っこいものは食べられませんし、のどが痛いので辛いものは避けるしかありません。

そうなると主食がうどんやお粥になるのですが、ずっとそればかり食べているとさすがに飽きます。

そこで、なにか美味しく食べられないかと思って急遽メニューを考えて作ったところ、これが意外と激ウマだったのでご紹介します。

お手軽!かんたん!味噌粕煮込みうどん

今回作ったのは「味噌粕煮込みうどん」です。

うどんを味噌+酒粕+出汁の合わせスープで煮込みます。

酒粕を使ったのは、ぼくがみりんやら料理酒を持っていないからっていうのと、酒粕を使うのが好きなのでぜひ活かしたかったから、という理由です。

 

まずは材料。

【1人分】

うどん 1玉

味噌 大さじ1〜2

だしの素 半分〜1本

水 600mlくらい

酒粕 適量

刻みネギ 適量

たまご 1玉

材料の分量ですが、上記の通り書いてみましたが実際のところはかなり適当です

水を減らせば全体の味が濃くなりますし、味噌を多く入れれば味が濃く・塩辛くなるし、酒粕を多く入れればより酒の風味が強くなります。

ここらへんはお好みで調整してください。

 

作り方はとてもかんたんです。

まず、うどんはちょっと短めに茹でておきます。

並行してスープを作ります。

水を沸騰させます。

DSC_0216a

沸騰したら一旦火を止めて、だしの素を投入。

DSC_0217a

一緒に味噌も溶かしながら入れます。

DSC_0219a

再び火にかけて、全体をまんべんなく混ぜてならします。

途中で酒粕を溶かしながら投入。

DSC_0220a

酒粕をしっかり潰して溶かしながら混ぜて、さらに煮込んでいきます。

しばらくぐつぐつとやったら、別で茹でておいたうどんを投入。

さらに煮込みます。

DSC_0221a

さらにぐつぐつと煮込んだら火を止めて、器に盛り付けます。

たまごと刻みネギを乗せれば完成です!

DSC_0223a

味噌粕煮込みうどん、ウマい!

このメニューは油と塩を一切使っていないところがミソです。

おかげで胃と体にとてもやさしいので、風邪をひいたときなんかにオススメです。

味噌の味が濃いかな…と心配しましたが、たまごを混ぜることでとてもまろやかに中和してくれました。

これは意外な効果でした。

 

結構美味しく出来たと思うのですが、なにぶんぼく自身が風邪っぴきのときに作ったメニューなので、味の調整がしっかり出来ていたかどうかあやしいな…と思っています。

回復したらもう一度チャレンジして、微調整を加えながら完璧なメニューに仕上げてみます。

もちろん、今のままでも十分美味しいですので、興味のある方はぜひ作ってみてください♪