横浜で美味しい小籠包を食べたかったら「鼎泰豐」(ティンタイフォン)に行くのが鉄板!

いやー、これほんと鉄板なんですよね。

横浜で美味しい小籠包を食べたかったら「鼎泰豐」(ティンタイフォン)に行くべきです。

ここはめちゃくちゃ美味しいんですから!

本場・台湾本店の味が楽しめる!

鼎泰豐」の本店は台湾にあります。

美味しい小籠包が食べられるとあって、行列ができるそうです。

その本店の味を日本でも食べられるということで、国内でも人気を博しています。

他店はわかりませんが、ぼくがよく行く横浜店は店沿いに入店待ちの行列ができています。

今回は約20分待ちで入れましたが、長い時は60分だとか90分待ちなんていうのもあります。

でも、待ってでも食べたいんですよ。

この気持ち、よくわかります。

 

ぼくがここで食べるときは、コースにはせず、アラカルトにしています。

今回もそうしました。

まずは前菜ということで、青菜の炒めにんにく風味を頂きます。

空芯菜のシャキシャキ感が美味しいです。

DSC_0140a

程なくして、お待ちかねの小籠包がやってきましたよ。

今回は豚肉・かに味噌・帆立の3点セットにしました。

DSC_0141a

これをレンゲの上に1つとって、刻み生姜を乗せて、酢醤油をちょろっとかけて頂きます。

ああ、ウマい…!

DSC_0142a

焼売も食べたい!と思っていたので、エビ・豚肉入り焼売を注文しました。

カタチがかわいいです。

DSC_0143a

こちらもレンゲに乗せて、刻み生姜+酢醤油で頂きます。

エビがウマい!

DSC_0146a

ちょっと炭水化物も食べたいな…と思って、蟹入りチャーハンを注文しました。

カニがたっぷり入っています。

めちゃくちゃ美味しい!

ああ、大満足♪

DSC_0144a

以上の4品を頂いて、お店をあとにしました。

ちなみに、これだけ食べて、お会計は4,000円ちょっとでした。

美味しい上に安い!

横浜で美味しいものが食べたかったら「鼎泰豐」に行くべし

ぼくは鼎泰豐の小籠包が大好きなので、実はちょこちょこと通っています。

お店の前で待つことが多いですが、やはり待ってでも食べたくなるんですよね。

だって、あの小籠包は他では食べられないのですから。

わざわざ行って、待って、ゆっくり食べたいんです。

 

まだ行ったことがない方は、ぜひ一度行くことをオススメします。

味はもちろんですが、価格も良心的なので、ご家族や友人を連れて行くのにも向いていますよ。

 

こんなことを書いていたら、また食べたくなってきました…。

次はいつ行こうかなぁ。

 

−−

鼎泰豐 横浜店

 

DSC_0141a