重さたったの6g!活動量計「MISFIT FLASH」がイイカンジで気になる

またいいデバイスを見つけてしまいました。

お値段的にもかなり魅力があります。

これは物欲がふつふつと湧いてきますな…!

シンプルな活動量計

ぼくが注目した今回の製品は2種類あります。

1つは、重さ9.4g、水深50mの防水能力、本体にアルミを採用した「MISFIT SHINE」。

もう1つは、重さ6g、水深30mの防水能力、本体にプラスチックを採用した「MISFIT FLASH」。

製品を見るとわかりますが、腕時計のカタチはしていますが、時計っぽい感じがあまりしないところが特徴的です。

とはいっても時計としてもちゃんと機能します。

メインになる活動量計としての機能は、歩数・消費カロリー・移動距離・睡眠の4項目のデータを収集してくれます。

それらのデータは、スマホとBluetoothでつないで、スマホアプリで管理することができます。

とてもシンプルな作りになっているためか、ボタン電池で最長4ヶ月も電池が持ちます。

 

Apple Watchとはまったく違って、Withings Activiteとも違うコンセプトを感じる製品です。

特に「MISFIT FLASH」は販売価格が約5,400円ほどです。

「これなら試しに買ってみるか」と思えるような価格設定のおかげで、気軽に手に取れるところも魅力でしょう。

活動量計を試してみたいと思っていた方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

2015年はウェアラブルデバイス元年

Apple Watchの発売をきっかけとして、ウェアラブルデバイス市場がかつてないほど盛り上がってきています。

2015年は「ウェアラブルデバイス元年」と言っても過言ではありません。

ですが、まだ「これぞ!」といえる決定版の製品がない感じがします。

これから様々な製品が出てくると思いますが、それらが市場を活性化させて、機能がさらに進化していくでしょうから、まだまだ進化の余地がある分野です。

 

ぼくも活動量計が1つ欲しいなぁと思っていたので、MISFIT FLASHの購入を検討してみます。

特に、睡眠ログが取れるところが魅力的なんですよね。

腕に巻くのがイヤだなぁと思ったら、ネックレスにできるようですので、こちらも試してみたいです。