社内の飲み会は残業です。飲みニケーション!とか言ってる人はこの先危ないと思う

仕事の付き合いでお酒を飲む機会というのは、多かれ少なかれ、社会に出ればつきものです。

ただ、特に社内の飲み会が多いというのは、正直どうなんだろう?とぼくは思います。

それ、残業じゃないですか?

飲み会?それとも「飲みたくない会」?

基本的なところですが、お酒を飲むのって、深く話したい相手とお酒を飲みながら話すとか、仲間で食事しながらお酒を飲むとか、そんな感じだとぼくは思っていました。

ところが、お酒を飲むのが目的の飲み会に呼ばれるケースがあります。

確かに、たまには酔っ払うほど飲んでやる!と思うときがまったく無いわけではありませんが、そんなのは人それぞれタイミングが違うので、「今日は飲みたくないな…」という場合もあるでしょう。

さらには、毎回同じメンバーばかりが集まる飲み会に呼ばれるケースもあります。

ここまでくると、一体なにがおもしろいのか理解できません。

 

こういう飲み会に参加していると思いますが、そもそも「飲み会」という名前って正しいのでしょうか?

飲みたくないのに飲まなくてはいけないのであれば、それは「飲みたくない会」ですよね。

当たり前ですが、参加した以上は参加費が掛かりますので、特に社内のお付き合いで参加する「飲みたくない会」はお金を払って残業しているようなものです。

自分の貴重な時間を、お金を払ってお酒に変えているようなものです。

 

ぼくは元々お酒を飲むのが好きです。

前もっていついつ飲みに行こう!なんていう約束をする場合が多いですが、時には今日は軽く飲もうか?なんていう場合もあります。

自分が飲みに行くときって、それは楽しいんですよね。

理由はかんたんで、自分の意志でそこへ行っているからです。

反対に、飲みたくない人や、飲みたくないタイミングで誘われたりすると、それはお断りするか、付き合いだから仕方ないか…と参加する場合もあります。

こういうときって、ぜんぜんつまらないんですよね。

こちらも理由はかんたんで、自分の意思に反してそこへ行っているからです。

つまらないばかりでは時間がもったいないので、なんとか楽しく出来るように努力はするのですが、その甲斐もなくやっぱりつまらないと思って帰る場合がほとんどです。

飲みニケーションより「自分の時間」を大切にしよう!

お酒を飲むので一番イヤだなと思うのは、自分の貴重な時間が削られてしまうことです。

好きな相手・飲みたい相手と飲む以外は、正直全部ムダな時間です。

飲みニケーション?

飲まなければ続かない関係なら、とんでもなく薄っぺらい関係ですね

そんなところを気にせず、自分のために時間を使ったほうが数百倍タメになりますよ。

それでも、お付き合いでそういう場に出かけるのが会社員の宿命だと思いますが、参加しないで済むのなら、それはできる限り回避して、自分のためだけに投資できる自分の時間を大切にしたいです。

 

時間は有限です。

誰しもが1日24時間のサイクルで生きています。

この時間をどう使うかで、人生は大きく変わります。

自分の夢・やりたいことを実現させるために、ぜひ時間を大切にしてください。