ぼくはまだ買わない。Apple Watchを触ったけれど購入意欲が湧かない理由

鳴り物入りで登場したApple Watch。

アーリーアダプターの方々が購入されて、色んなレビューが挙がってきていますが、ぼくはどうにも購入意欲が湧きません。

そもそも、これ必要?という自問自答に答えられない時点で買ってはダメなんですよね。

時計をする習慣が無いのに、Apple Watchなら使うのか?

はい、便利なのは知っています。

手元のiPhoneと連携して色んな通知を受け取ることができて、単独でアプリも動かせるなんて、とても素晴らしいデバイスです。

先日、大手家電量販店で初めて触ってみましたが、画面が滑らかに動いて気持ちいいですし、腕時計の位置に情報が集まるなんて、理想的ですよね。

実物を見て、実際にそう思いました。

でも、買おうとは思わないんです。

 

そもそも、ぼくは普段から時計をしていません。

スマホの時計で十分です。

腕になにか付けるというだけで、正直うっとうしいんですよね。

そんな人が、Apple Watchだったら使い続けるのか?というと、たぶん途中でやめます。

しかも、使い方によっては毎日充電が必要で、iPhoneと連携してワークアウトやらアウトドアで使用するとバッテリー寿命がものすごく短いという情報を見ていると、まだまだ発展途上なデバイスですので、今はまだ買いではないとぼくは考えています。

 

もっと言うと、Apple Watchって、色のバリエーションはあれどモデルとしては3種類しかありません。

他人と被ってしまうようなファッションアイテムって、選ばないですよね。

 

そう、腕時計はファッションアイテム=自分を表現する一部です。

そんな役割を持つものが、他人と思いっきり被ってしまうなんて、あり得ません。

そう考えると、Apple Watchがあまり普及していないというのもうなずけますね。

 

そういえば、Apple製品はリリースから数えて3代目で完成される、なんていう話を昔聞いたことがあります。

購入するのだとしても、しばらく様子を見てから判断しても遅くはないですね。

メガネやコンタクトレンズの方がウェアラブル向きでは?

腕時計型のスマートデバイスって、昔から映画やテレビドラマなどで出てくる夢のようなデバイスだと思うのですが、実際に見てみると、まだまだ発展途上な製品です。

今後、数年の間に大きく飛躍する可能性もありますが、このカタチ・装着方法が続く限り「腕時計」というジレンマからは脱出できないでしょう。

 

それよりも、メガネ型の方が需要が大きいと思うのですが、いかがでしょう?

メガネは、視力が悪い人の他に、サングラスだったり、だてメガネだったり、最近だとブルーライトをカットしてくれるモデルが人気ですよね。

これらに最新技術を注ぎ込んで、ウェアラブルデバイスを開発してくれたらおもしろそうです。

Googleが「Google Glass」を研究・開発していたように、こちらも大きな可能性のある市場ですよね。

または、コンタクトレンズに組み込んじゃうとか。

視界に情報が広がって見える方が、歩行ナビなんか相性が良さそうですし、邪魔にならないのですごくいいと思うのですが、誰か積極的に作らないかなぁ?