まだ人ごみで消耗しているの?人ごみが大っ嫌いなので、休日わざわざ人ごみに出かけません。

ぼくは人ごみが大っ嫌いです。

これは今に始まったわけではなく、昔からそうです。

人ごみが好きだっていう人は少ないと思いますが、なんでわざわざたくさんの人が集まるところへ行かなければならないのか、理解に苦しみます。

人ごみは息苦しいだけ

平日、仕事で都心に出ている身としては、わざわざ人がたくさん集まる場所に行きたくないんですよね。

重要なイベントだったり、誰かに呼ばれているときなど、どうしようもないときは仕方ないと思っていますが、それ以外で特に理由もなく人ごみに出かけようとは思いません。

幸い、興味が無いので人気スポットに出かけることが極端に少ないため、人が集まるところに出かける機会は少なく済んでいますが、ニュースなどでどこそこの遊園地に来場者〇〇万人とか聞くと、もうそれだけで嫌になります。

 

あんなに人がたくさんいたら、自分がやりたかったこと、見たかったものなんて、満足に見られないでしょう。

そこまで行って、ちらっと見て帰ってくるのがオチですよね。

そんな状況を考えただけでも恐ろしいです。

そんなところに行くなんて、息苦しくないですか?

そもそも、そこに行くこと自体がつらくないですか?

ぼくなら、もっと違うおもしろいことを探しますし、ちょっと工夫すればいくらでもできてしまいますよ。

みんなと同じでなくていい

ぼくのまわりには、小さい頃から「大人になったら都心に出る」みたいな雰囲気がなんとなくあったのですが、正直「?」としか思わず、なんで都心に出たいのかが全然わからなかったので、その時点でぼくは都心生活向きではなかったのでしょう。

確かに、都心や人気の地域、人気スポットなどにはたくさんの人が集まります。

そこに見たいものがあるのだから仕方ありません。

でも、みんながみんなそういうところに行きたいわけではありませんので、それを強要されては困ります。

そういうところへ行きたい人は行けばいいし、行きたくない人は行かなければいい。

ただそれだけです。

 

ぼくはそういうところへ行くことはほとんどないですし、よっぽどのことがない限り行きません。

もちろん、それを他人に押し付ける気はありません。

「ああ、こういう人もいるんだな」と思って生きれば、それでいいんです。

みんな、自由にすればいいだけです。

みんな、自由に生きませんか?