ICレコーダーは全サラリーマン必携アイテム!持っていない人はいますぐ買おう!

持っていない人が明らかに多いと思うアイテムが、ICレコーダー。

ボイスレコーダーと言ったほうがわかりやすい方もいらっしゃるかと思います。

はい、そこのスーツ姿のあなた!携帯ゲーム機買ってないでこっちを買いなさい!

こんな便利なものを使わない手はないんですから!

slooProImg_20150616200104.jpg

打ち合わせの声を録音しよう

会議だったり、商談だったり、とにかく毎日多くの打ち合わせをこなすのがサラリーマンの仕事の1つです。

1日に1個か2個くらいの打ち合わせだったら特に問題ないかと思いますが、これが4個・5個…と続くと、メモするのも大変ですし、議事録を作るのも大変です。

メモ魔な方でも、メモ量が増えちゃったら、整理するのはそれなりに苦労する点かと思います。

そこで、ICレコーダーの登場です!

打ち合わせの会話そのものを録音して、あとで聞き返しながら整理すると、内容の欠落防止と効率化が両立できるので、オススメです。

 

こんな便利なデバイスなのですが、使っていない人が大多数を占めるかと思います。

そもそもそういうものの存在を知らないとか、ビジネス上での活用の仕方がわからないとか、そんな理由かと思いますが、思っている以上に使われていないんですよね。

すでに超活用しているヘビーユーザーに聞くと、こんな便利なデバイスはない!と断言してくる人までいます。

中には3台を使いまわしている人もいるとか。

 

ちなみに、スマホでも同じようなことはできます。

専用マイクだったり、専用アプリもリリースされていますので、こちらを活用する方法もあります。

ただ、今現在は専用デバイスの方がまだまだ高性能で、しかも安価です。

そこまで高いものではないので、1台は持っておくことをオススメしますよ。

今のところのオススメ機種

ぼくの機種選定基準ですが、以下のあたりをポイントにしています。

  • USB充電できること
  • なるべく薄くて軽いこと
  • パソコンと接続できること
  • SDカードで容量拡張できること

 

まだそんなに使い込んではいませんが、今はこちらを使っています。

PCMリニア録音、単4電池駆動、内蔵4GB+SDカード拡張、USBダイレクト接続可能と、機能が揃っています。

バッテリーまわりが柔軟で、充電池を内蔵したままUSB充電もできるし、乾電池駆動もできるという点が気に入っています。

 

手に持つとよくわかりますが、とても小さくて軽いです。

こんなんで本当に動くの?と最初は疑いましたが、しっかり仕事してくれます。

音はしっかり取れますし、内蔵スピーカーでその場ですぐに再生もできます。

使えば使うほど、こんな便利なものはないよな…と思うばかりです。

もっと早く買っておけばよかった

 

充電機能が不要ということであれば、ワンランク下のモデルも良さそうです。

価格が1,000円ほど下がります。

これよりも安い機種は正直あります。

ただし、性能が下がったり、使い勝手の面でも変わってきます。

こだわりがなければ、そういった機種を選ぶのもいいでしょう。

ぜひ1台は備えておきましょう!

仕事で使えるのはもちろんなのですが、今の時代いろんな問題が日々起きています。

あってはならないことですが、パワハラなどに巻き込まれるケースだって考えられます。

そんなときにボイスレコーダーがあれば、確実な状況証拠を記録することが出来ます。

身を守る意味でも、こちらを1台は持っておくことをオススメします。