[レビュー]Zenfone 2を使い始めて1ヶ月。ちょうどいいしスゴくいいぞ!

Zenfone 2を使い始めて早1ヶ月。

iPhone 6から乗り換えてきましたので、所感を書いておきます。

slooProImg_20150517013702.jpg

価格が圧倒的にすばらしい

いきなり現金な話ですが、やはりこの点は見逃せません。

性能の割に低価格です。

ぼくが購入した最下位モデルは36,890円。

これがiPhone 6だと、16GBでもアップルストア直販価格86,800円(2015年6月17日現在)ですよ。

半額以下です。

でも、できることはほぼ同じ。

ぼくの使い方ではまったく遜色なしです。

 

ちなみに、最下位モデルだからといって別段不満はありません。

重たい作業をさせなければなんともないです。

ときどき考え中かな?というときがありますが、最下位だなぁと思うポイントはそれくらいしかありません。

ヘビーなゲームをしなければ、この先も特に困ることはないでしょう。

Googleとの連携がすばらしい

これは当たり前といえばそうなんですが、Googleの作ったAndroidはGoogleの各種サービスとの連携が非常に優秀です。

アプリレベルでも対応が違っていて、例えばChromeブラウザはOSレベルで統合できます。

マルチタスクウィンドウ内に他のアプリと一緒にタブが並んでいるので、これはわかりやすいですね。

WEBを見ているというよりは、今スマホでやっていることを全部並列できるところがいいです。

 

Google Nowもバックで動いていますので、天気だったり移動経路だったり、様々な情報をサクサク出してくれます。

カード型の表示っていいですね。

情報が整えられていて、とてもわかりやすいです。

 

音声検索も優秀で、Zenfone 2を使い始めてからよく使うようになりました。

Siriは一体なんだったの?というレベルです。

 

画面サイズが大きいのもいいですね。

iPhone 6 Plusを使っている人だったら違和感のない、まったく同じ5.5インチサイズになるのですが、情報の一覧性が高いところはお気に入りです。

Kindleで本を読むのがはかどります。

 

あと、microSDカードで容量を増やせるところは、iPhoneにはない特徴ですね。

これがあるおかげで、ストレージ容量の小さい本体を選べます。

初期投資を小さくできる点もありがたいですね。

iPhoneの方が優れていると思うところ

結構べた褒めしましたが、反対にiPhoneのほうが優れているところをいくつか。

 

こんなこと言ったらなんですが、慣れているせいかやはりiOSの使い勝手はいいです。

「神は細部に宿る」とはこのことでしょうか。

さすがというべきか、各所細部まで洗練されています。

なにより無駄がなくてわかりやすいです。

しばらくZenfone 2を使って、なにかの用でiPhone 6を使うと「しっくりくるなぁ」と未だに思います。

これって、iPhone歴が長すぎたせいでもあるのでしょうけれど。

 

あと、バッテリーの持ちも、やはりiPhoneのほうが長いです。

やはりApple、ハードをソフトに最適化できる点は強みですね。

 

これは付け足すべきか悩むところですが、セキュリティについては未だにiPhoneのほうが高そうです。

この点は自由度の高いAndroidの宿命かもしれませんが、それも自分で対策を立てておけば済みます。

なにもしなくてもセキュリティレベルが高い点はiPhoneに軍配が上がりそうです。

Zenfone 2最高!

思うところを書いてみましたが、最後に「Zenfone 2最高!」と言っておきたいです。

格安SIMと組み合わせて使うデバイスとしては最高ですよ。

これから格安SIMデビューする人は、検討してみることをオススメします。

 

あと、LINEとメールと食べログを見るくらいしかしない人にもオススメです。

iPhone、バカ高いんですから。

同じことができるお値打ちのスマホ、こっちにありますよ!