自分がやりたいことリスト・やりたくないことリストを書き出そう

誰もが夢を持っています。

その夢をかなえるために、日々努力します。

せっかくならば、その夢を書き出してリストにしませんか?

書くと意外と実現するもんですよ。

f17ceafb5032c1ebb15b28c658789ddc_m

やりたいことをリストに書き出そう

自分のやりたいこと、いくつありますか?

どんな小さなことでもいいですが、それを箇条書きにして、全て書き出してしまいましょう。

やりたいことリストの作成です。

そして、叶った項目は消して、また増えたら書き足していきます。

そうやって自分の夢とリストを常にリンクさせて、最新の状態に保ちます。

 

なぜ書くのが良いかというと、意外な効果が見込めるからです。

書き出すことで、自分が何をやりたいのかわかりますよね。

そこに効果があるようで、実現に向かって意識するそうです。

もっというと、書いたものを目に触れるところに張り出しておくと良いそうです。

 

ぼくは心理学者とかではないので歯切れの悪い言い方になってしまいましたが、目に触れるところに置くと良いっていうのはうなずけます。

意識しているだけの目標に向かうよりも、目の前に書かれた目標に向かうほうが改めて確認しますし、それが自分の心により強く働きかけてくれます。

 

そういえば昔、大学の先輩や会社の先輩が同じようなことを言っていました。

その時は、「やりたいことはとにかく書いておいて、それを次につなげていくといいよ」というアドバイスでした。

今思えば、この事だったんですね。

やりたくないことリストでも良い

そんなにやりたいことなんてないよ…。

でも、やりたくないことはたくさんあるよ…という方は、それをリストに書き出してしまいましょう。

ずばり、やりたくないことリストの作成です。

 

やりたくないことならなんでもOKです。

例えば、「通勤電車に乗りたくない」ですとか。

「スーツを着る仕事はしたくない」ですとか。

なんでも良いですので、ちょっとでも思っていることを全部書き出してしまいましょう。

 

そして、やりたいことリストと同じく、実現した項目は消して、また新しく出てきた項目を書き足していきます。

まずは100個書き出しましょう!

一見くだらないことに思うかもしれませんが、どちらも書き出すことに意味があります。

他人に見せる必要はありませんので、自由に、どんな書き方でも良いです。

小さなことでもどんどん書いて、1つでも実現したら線を引くなりして消して行きましょう。

そうやって繰り返しているうちに、どんどん夢に近づいて行ったり、夢がかなったりしますよ。

 

これ実は、その昔にアーティストインキュベーター・四角大輔さんに教えていただきました。

四角さんが実際に行っていた手法と同じものです。

夢ややりたいことを書き出すというのは、自分自身と向き合うので結構なパワーが要ります。

そうやって作ったリストは、必ず自分のチカラになってくれますよ。

 

どちらのリストでもいいので、まずは100個書き出してみてください。

100個は結構大変です。

そんなにないよ…と言わずに、ぜひ思いついたものを全部書いてください。

ものは試しですよ!

 

f17ceafb5032c1ebb15b28c658789ddc_m