必要以上に現金は持ち歩かない。薄い財布「abrAsus」が使いやすくてオススメ!

ぼくは現金をほとんど持ち歩きません。

1週間の生活予算をわずかに持ち歩く程度です。

それを管理するのに、薄い財布 abrAsusが使い勝手も良くてお気に入りです。

ものすごく薄い!

この財布の何がスゴいって、その圧倒的な薄さにビックリします。

小銭入れとカード入れの位置をずらすことで、それを実現しています。

カード5枚+小銭を入れても、厚さ約13mmです。

一般的な折りたたみ式の財布だと、小銭入れとカード入れがそのまま干渉し合って、その分だけ厚くなってしまいますが、それが全くありません。

おかげで携帯性が非常に高くなっています。

 

しかし、カード収納枚数が5枚と少ないじゃないか!という方のために、別途カード入れが用意されています。

しかもこれ、「薄い財布」に外付けのカード入れを一体化させることができます。

スゴくよくできていますよね。

さすがに携帯性は若干悪くなりますが、普段持ち歩いているカードの枚数が多い方も安心して使えます。

お金を必要以上に持たない

ぼくは以前は厚めの長財布を使っていました。

結構気に入った長財布があって愛用していたのですが、持ち歩く荷物を減らしたい・軽くしたいと考えるようになってから、長財布が嵩張って邪魔になってしまいました。

そこで、薄い財布を導入。

思い切って持てる金額・カードを減らして運用してみたところ、支障が出ないどころかスムーズに使えてしまいました。

今となっては、もう長財布や厚みのある財布は邪魔で使いたくありません。

 

薄い財布を使いはじめると、収納量の制限から持てる現金が限られます。

そうなると、自然と現金を持たないようになってきます。

そもそも、現金を大量に持ち歩く必要ってあるのでしょうか?

電子マネーが使えるところも増えてきたし、クレジットカードやデビッドカードを使うことで、現金でなくても支払う方法は複数あります。

 

一週間・一ヶ月に必要な生活の予算を考えて、必要以上に財布内に現金を持たないようにすれば、余計なものを買わずにすみます。

必要な物だけを買うようにするのは、お金を溜めるときの鉄則ですよね。

そのために、現金を持ち歩かないというのは、とても有効な手だと思います。

 

薄い財布に限らず、ぜひ「たくさん持ち歩く生活」を見直してみませんか?

薄い財布 abrAsus