大手キャリアを止めて格安SIMを使うのがオススメ!

昨年後半から一気に盛り上がった感のある格安SIM。

iPhone6・iPhone6Plusが発売されたのがきっかけになって、多くの方がSIMフリー端末+格安SIMの組み合わせに移行したのではないかと思います。

a0002_001063_m

ぼくもその1人です。大手キャリアの縛りにうんざりしていて、高い維持費のまま2年間も契約するのがどうにも納得行かなかったので、更新時期を狙って動きました。

そもそも電話はほぼ使わないので、流行りの通話定額プランなんてただの値上げにしか思えないわけです。ただ残念なことに、万が一の利便性を考えたら電話番号はまだ手放せないので、電話が使えるIIJmioの「みおふぉん」を選びました。

IIJmio(みおふぉん)

 

今までiPhoneを使ってきて、月間の通信量は2〜3GBに収まっていたので、当初は4GBまで高速通信できるライトスタートプランを契約して、様子を見て2ヶ月後には一段階下(2GB)のミニマムスタートプランに移行しました。

これで維持費が月1,600円です。それまで月7,000〜8,000円払っていたので約1/4に下げることが出来ました。もっと早くに移行出来ていたら…と後悔してしまうくらい本当に激安です。だからといって特に制約はありません。通信速度も充分早いです。

ちなみに、同じミニマムスタートプランから音声通話機能を外してSMS対応データSIMにすると月1,040円です。いやー、早く電話番号が要らない世の中にならないかなぁ。

 

一応デメリットもあります。安い分、大手キャリアと同じような手厚いサポートは受けられませんし、固有のメールアドレスも無いですし、留守番電話機能もオプション扱いです。フルサービスが必要な方は大手キャリアを選んだほうが無難です。

c5addc13b240dfb23851988f1d43f95e_m

携帯電話代って本当にバカになりません。スマホは便利なので手放すことはないと思いますが、使いもしない通信量に対して高いお金を払っていたり、なんとか定額〇〇円で通信量ちょっと増えますとか、たくさんありすぎてもう訳わかりません。シンプルに「月間通信上限2GBで900円+電話機能700円=1,600円」の方がわかりやすくありませんか?

ちょっとの知識さえあればいいので、固定費を見直したいと考えているのであれば、大手キャリアから脱却して、プランも料金も都合に合わせて自由に選べる格安SIMに移行することをオススメします。

IIJmio(みおふぉん)

 

−−

「格安SIMってなに?」と思った方のために、わかりやすく解説してみました。

格安SIMってなに?どう使うの?そんな疑問にお答えします!