MacBook Pro 15inch(Mid2015)用アクセサリ。絶対必須な3点を購入!

かなり快適です!

MacBook Pro 15インチ(Mid2015)用のアクセサリは充実してる!

当たりまえといえば当たりまえなのですが、発売から1年が経過しているMacBook Pro 15インチ(Mid2015)用のアクセサリー類はかなり充実しています。

Late2016モデルはMid2015モデルまでと比較して様々な部分で形状に変更があるため、基本的に使いまわすことができないんですよね。そのためLate2016モデルを購入したアーリーアダプターのみなさんはここでかなり苦労を強いられているのが現状です。

時間とともに解決されるはずですが、MacBook Proは毎日使うものなので、わずかでも不快な状況が続くのは精神衛生上良くないです。なんとしてもいち早く快適に使いたいですよね。

でもぼくが買ったのは1年型落ちモデルなので、アクセサリー類が充実しているわけです。最新モデルの現状を横目にぼくは淡々と必要なものを揃えつつあります。

 

本体が届くのと同時に買ったアクセサリー3点!

MacBookを新調するとき「 これは絶対必須! 」というアクセサリーがあるのですが、今回もそれをまっさきに購入して、本体を使い始める前に取り付けたものが3点あります。

 

1,キーボードカバー

ぼくはキーを打つときは比較的静かな方なのですが、それでも集中して入力しているとガチャガチャという音が辺りに鳴り響いてしまいます。この音がかなりうるさいんですよね。

そこで必ず装着するのがキーボードカバーです。キーの印字とバックライトがよく見える半透明タイプを使っています。

これがあると打鍵音がかなり和らぎます。うるさめの「ガチャガチャ」音が静かめの「タタタタ」音に変わりますので、その差は大きいです。正直これがないとやっていけません。

 

2,トラックパッドフィルム

キーボードと同じく酷使することになるトラックパッド。こちらも保護目的でフィルムを貼っています。

フィルムの種類によって使い勝手が大きく変わってくるのですが、ぼくは指の滑りがサラサラしているタイプが好みです。

実際に貼って使ってみたところ、フィルム無しで使うよりも明らかに快適になりました。

 

3,液晶保護フィルム

液晶ディスプレイはある意味ではパソコンの顔ですから、こいつに何かあっては困りますし、何かあってからでは手遅れです。

そうならないように液晶保護フィルムもばっちり装着しています。

今回はアンチグレア・ブルーライトカットのものを選びました。せっかくのRetinaディスプレイの発色・見ばえが損なわない程度のものを選んだので、違和感はありません。

 

MacBookを大事に使いたければアクセサリーを活用すべし!

アップル製品はどれも高価なものが多いですが、だからこそ大事に使いたいですし、とはいえ積極的に活用したいじゃないですか。

それにはやはり本体だけで使うよりも、各種アクセサリーを活用して保護しつつ、より使いやすくサポートしてあげるのが手軽で正確です。

ぼくはとりあえず絶対必須な3点をまっさきに用意しましたが、数日使ってみて「もっと快適に活用したい!」と思っているので、もう少し買い足すつもりです。

 

6750E455-6410-47CB-B706-A56875F86CBC.jpg